index <<< VIR.00021 >>>
こちらも台湾第二代表決定戦での楊勝發。但しこれは最終日。
老婆心かもしれないが、読む人によっては彼がまるで台湾男子のなかで異端でやっかいもののような印象をもつかもしれない。日本的な文脈ではそうなりかねないだろう。しかし実際は全然ちがう。そこのところを誤解しないように。彼はもっとも期待されリスペクトされている。それは方同賢、李佳鴻という台湾の至宝ともいえるペアが所属の枠をこえて用意されたことに如実にあらわれている。むしろ彼にはおおくをのぞまれているということである。

ドーハで活躍が期待されるプレーヤー達 2 楊勝發(台湾)編

 楊勝發(ヤン・シェンファ)が国際大会に登場したのは2003年の世界選手権(広島)が最初。方同賢とのペアでダブルスベスト4、団体優勝。

 2004年のアジア選手権(チェンマイ)は国内予選敗退で出場ならず。

 2005年東アジア五輪(マカオ)は李佳鴻のペアでダブルス準優勝、団体戦優勝...........と実に輝かしい成績だ。がこと団体戦においては3度あった韓国、日本戦で彼は1勝もしていない。3連敗である。負けた相手は方峻煥(韓国)、崔鳳権(韓国)、篠原(日本)。すべてシングルスである。

 彼のシングルスでは忘れ難いゲームがある。2005年の台湾全国運動会(台湾国体)個人戦シングルスでの王俊彦戦。マカオでの東アジアの10日ほど前のことである。楊勝發はこの大会の団体戦のダブルスにおいて王俊彦・方同賢を物凄いテニスで破っている(私が見た2005年中のベストゲームだ)。シングルスでもその物凄さは持続していた。各ラリーにおいて王俊彦を圧倒していき内容的には格段にすぐれたものをみせながら、試合そのものには勝てなかった。いいテニスなのに、なにかをつかみ切っていないというような焦りともどかしさ!!。それは数日後の東アジアでも引きずっていた。

 楊は(今回を含めて)3度にわたり国際大会代表を勝ち取っているが、それはダブルス予選での優勝の結果である。2004年はダブルス予選に敗れ、シングルス予選にまわったが勝ち残れなかった。ちなみに台湾はダブルス予選で代表の4人をまず決め、その後にシングルス予選を行なう方式をとっている(だからダブルス予選で勝てばシングルス予選は出場しない)。つまり彼がシングルスにおいて格別すぐれたプレーヤーかといえば、台湾国内においても、成績上は、必ずしもそういうわけではない。いやむしろダブルスで結果だしてきたプレーヤーである。ちなみに予選の方法をみてもわかるように台湾ではダブルスを重視している。

2006アジア競技大会台湾第二代表決定戦での楊勝發

 なのに彼はシングルスで起用され続けた。これはやはりダブルフォワードの影響であろう。徹底してネットというのが現在の台湾男子であり、チェンマイで李佳鴻、劉家綸、趙士城、王俊彦。マカオでは李佳鴻、葉佳霖、方同賢、王俊彦がダブルスで起用されている。王俊彦以外は従来のカテゴリーでいえば前衛に分類されるべきプレーヤーであり、王俊彦も『後衛』というカテゴライズはとてもできない。すくなくとも王俊彦を予備知識なしでみる人は彼を後衛とはおもわないだろう。とにかく非常に過激なテニスを台湾男子はとっている。

 楊勝發は攻撃的なプレーヤーである。彼のダブルスもやはりダブルフォワードと私はあえて呼びたい。従来の雁行陣とはやはり似て非なるものだと思うからである。しかし雁行陣ベースであることには違いない。彼はカットの名手でもあるし、ネットプレーも高度にこなす。だからラリーからネットにいくことにもためらいがないが、基本的にベースラインプレーのほうが(彼にとって)居心地がよいようである。決定的には李佳鴻のサーブのときに楊勝發はベースラインにいることがおおいということだ。

 

 しかし、今回の台湾代表決定戦では楊勝發は李佳鴻のサーブ時ネットをとった。私がみたのは第二代表を決める予選だった。第一代表決定戦は第二代表決定戦の二週前におこなわれ、大方の予想を裏切って林舜武・葉佳霖が優勝している。李佳鴻によるとこの第一代表決定戦では従来のテニスだったらしい。つまり李佳鴻のサーブ時、楊勝發はネットをとらない。雁行ベースだったわけだ。しかし、この第一代表決定戦で惨敗し、現在のスタイルでは限界がある、と結論に達した。二週間で修正し、第二代表決定戦に臨んだ。第一シードは王俊彦・方同賢。東アジア五輪のダブルス決勝で敗れた相手である。二戦目に彼らをファイナルで破り、道が開けた。無敗で第二代表戦に優勝。

 全体として雁行ベースであることには変わりがないが、より無駄のないソリッドなスタイルへの、必然的な、進化を楊勝發・李佳鴻はしている。

 今回、楊勝發がシングルスで起用されることはないのではないか。ギャンブラー郭旭東監督が何を考えているかわかったものではないが・・・

李佳鴻と楊勝發 ダブルス予選優勝後
楊勝發のフォアハンドグリップ。非常に薄い握り。限りなくイースタンに近いセミウエスタン。

 さて動画はマカオでの楊勝發のフォアハンド。過去に紹介した彼のフォームにくらべて、非常にコンパクトになっている。この変化もやはり必然なのではないか?

オープンスタンスだが肩のターンは充分。スタンスのラインと肩のラインが十字になるほどにひねられている。テイクバックからフォワードスイングにかけてラケットヘッドがほとんど落ちていないことに注目。これがドフラットの質の高いボールの秘密だ。

(by TOSHI)
『新世代のヴィルトゥオーゾ』掲示板 VIRTUOSO Message Boardはこちら(クリック)
1 2 3 4
5 6
7 8 9 10
11 12 13 14
15 16 17 18
19 20 21 22
23 24 25 26
   
27 28 29 30