廖南凱
LIAU Nankai リヤウ・ナンカイ
(台湾)

1990年から2002年まで台湾のエースとして活躍。その間に国際大会に10度出場し、3度の国別対抗優勝(1990.1994,1999)。その3度の優勝全てで中心的存在だった。またアジア競技大会に1990北京、1994広島、1998バンコク、2002釜山と四大会連続出場を果たしており、これは現在のところ彼しかなしえていない。アジア五輪で獲得したメダルは計8個(金2銀2銅4)でこれも最高記録。個人タイトルは1992年のアジア選手権シングルスだけ、とめぐまれていないが、1995世界選手権ダブルス銀メダル、1998アジア五輪ダブルス銀メダル、1994、2002アジア五輪ダブルス銅メダル、1999世界選手権シングルス銅メダル、2002アジア五輪シングルス銅メダル 等々の素晴らしい成績をのこしている。

space
 
-->main
GROUND STROKE FOREHAND
グラウンドストローク/フォアハンド
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32
ラケット [MIZUNO] [YONEX] [DUNLOP] [other] | シューズ[MIZUNO][ASICS][ADIDAS][NIKE][YONEX][other] | ストリングス | ボール

模範的でシンプル

ストレートでのラリー、やや回り込み気味に、ゆるいやまなりのシュートボール打ったところである。解説の必要を感じないぐらい模範的でシンプルなフォーム。とにかく繰り返しじっくりみて頭の中に叩き込んでください。余分なものは一切なく、すべてが血となり、肉となります。

選手は、もはや伝説的ともいえるベースライナー廖南凱(リャウ・ナンカイ 台湾)。グリップはセミウエスタン(やや厚め)。これは1999年の世界選手権でのプレーだが、サーフェースのために例外的にバウンドが高く、彼としては厚めのグリップで終始プレーしていた。

彼はフラット、ライジングをベースとする超攻撃的後衛だったが、この画像では、ヘッドを落とし丁寧にボールにトップスピンをあたえている。左の画像を参照にしてほしい。これがソフトテニスにおけるもっとも基本的なトップスピンのかけかたである(いわゆるドライブのかけかた)。


トップスピンドライブの基本

これはドライブのかけ方の誤ったイメージ、というか、バリエーション。つまり、これもありだが、基本ではない。不安定になりがちなので、こういうボール処理はできればさけたい。しかし、局面によっては必要な場合も多々ある。

誤解してほしくないのだが、面で引っ掛けるようにしてドライブをかけているのではない。ヘッドを落とし下から上にスイングする、これがポイントである。

よく、振り切れば自然にドライブがかかるよ、と初心者諸君は言われるとおもうが、ラケットは肩を支点に振られるので、打点が腰の高さくらいなら、特殊なことをしない限り上に向かって振られるのである。だから面さえオープン(上をむくこと)になっていなかったら、自然とスピンがかかることになる。硬式テニスでは引っ掛けるようにしてトップスピンをかけることがままある。がソフトテニスではかなり特殊な場合である。

硬式テニスは80年代から、ビヨン・ボルグの登場そしてラケットの進化等の理由により、トップスピンが主流になり、ソフトテニスと似てきた、とよくいわれるが、実は全然違うのである。似てきたところはトップスピンを多用するようになったこと。そのことでハードヒットできるようになったことという部分であり、トップスピンの打ち方そのものは似て非なるものと考えたほうが良い。

典型的なサーキュラーモーション

 画像の説明にもどろう。スイングは典型的なサーキュラーモーション。2コマめのテイクバック開始からフォロースルーまでラケットは動きをとめることがない。いやフォロースルー後も即次の打球準備にはいっている。

サーキュラーとは円を描くようにスイングすることを指すのだが、このテイクバックはまさに円を描いており、「ここがバックスイングの底」という瞬間をみつけにくい(というか、無い)、テイクバックとフォワードスイングの境がないシームレススイングなのである。

全てが一連の動き

ラケットの引きはじめからフォワードスイング、インパクト、フォロースルーがまさに一連の動きとなっており、いわば一筆書きである。

日本ではテイクバック後ラケットを止め、そこからラケットを振り出す(フォワードスイング)、というのが一般的認識だが、それでは折角動きだしたラケットの動き、そして勢いを無駄にしてしまう。テイクバック完了時にラケットをとめることが相手前衛への牽制になる、という考えも根強くあり、真のサーキュラーテイクバックへの抵抗は日本ではまだまだ強いといえるだろう。

また初級者はバックスイングに形をもとめる。ピタと止まった形、いや型といったほうがわかりやすいだろう。とくにソフトテニスはナマで一流のプレーに触れる機会が極端にすくない。ほとんどが本や雑誌の静止画である。そこで示されるのはそれこそピタっととまった型である。

わかりやすさのためのわかりやすさ

たしかにバックスイングはこういう型です、という手本があればわかりやすいが、それはわかりやすさのためのわかりやすさではないか?それが上達を阻害してはいまいか?初級者中級者はその型をつくるのに四苦八苦しているような気がするのである。実際にうまい選手のプレーをみればわかるが、シームレスにしてもテイクバック完了時にラケットをとめるにしても、すべては一連の動きであり、バックスイングの型なんてものはない。というかもとめてはいけないということが、見ればわかるのはずである。くりかえすがすべては一連の動きで理解するのものなのである。

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ