SoftTennisOrgをフォローしましょうyoutubefacebook Link free [更新情報(ブログ)][News][掲示板] [メール]  ソフトテニスビギナーズガイド --->[これだけは知っておきたい基本用語] --[超初心者のためのゲームの進め方]
 ミズノ 
ミズノは日本代表(男子・女子)のオフィシャルサプライヤーです。
動画でみるソフトテニスの基本技術 
フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17][18][19]
ロビング [1] [2]
バックハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8][9]10][11][12][13][14]
サービス [1] [2] [3] [4][5] [6]カットサーブ [1] [2][3]
フォアボレー [1] [2] [3] バックボレー [1] [2] [3][4][5][6] ハイボレ- [1] スマッシュ [1] [2] [3] [4] [5] [6] サービスリターン [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[新世代のヴィルトゥオーゾ(トッププレイヤーの動画とその解説)]
フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [1a] [3a] バックハンド [1] [2] [3] [4] [5] 
サービス [1] [2] [3] [4] [5] [6] カットサービス [1] ダブルフォワード [1] [2] [3] サービスリターン [1] [2]
ドライブボレー [1] [2] [3] [4] フォアボレー [1] [2] バックボレー [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] ローボレー [1] [2] [3] ハーフボレー [1] [2] スマッシュ [1] [2] [3]  Porch Volley Sampler[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]

[日本ソフトテニス連盟][日本ソフトテニス連盟TV] [Digital Archive][国際大会][アジア競技大会][世界選手権][東アジア競技大会][アジア選手権][HEAD TO HEAD JPN vs, KOR vs. TPE ][Players][天皇杯][皇后杯][全日本シングルス男子][全日本シングルス女子][イラストレイテッド][テニスコートガイド][YOUTUBE]
Illustrated  

[現在入手可能なソフトテニスの本(新庭球書房) ][新刊][VIDEO ARCHIVE][BACK NUMBER]
ソフトテニスについて詳しく知りたい!--->[エンサイクロペディアソフトテニス] [ソフトテニス関連本]

第18回アジア競技大会 ソフトテニス競技日本代表決定

今年8月にインドネジア ジャカルタ/パレンバンで開催(8月18日〜9月2日)されるアジア競技大会(テニス/ソフトテニスはパレンバン)のソフトテニス日本代表が日本ソフトテニス連盟より発表された。

代表は男女それぞれ5人。

4月に広島で開催された予選会の優勝者がすでに代表にきまっているので、残る4枠づつが決まったことになる。

いずれも本年度のナショナルチーム員から合宿等へて推薦された。 以下詳細はこちらをクリック

2017最大のトピック 李佳鴻の健在


今シーズンもっとも注目すべき事象はなんといっても彼の台湾全国運動会(台湾国体)でのダブルスでの優勝(賴立煌・李佳鴻)。俗な言い方をすればソフトテニス界今年の人、ととでも言おうか。 李佳鴻はソフトテニス界の最高峰であるアジア競技大会ダブルスで3大会連続(2006、2010、2014)で決勝進出、2006ドーハ大会、2010広州大会では2大会連続優勝を果たしている生ける伝説、真のスーパースターである。(いかにこの成績がすごいかは、ソフトテニスが1994年にアジア競技大会に正式参加して以来6大会で、日本はから誰も(男子ダブルスで)決勝進出すら果たしていないことで知れるだろう) 2014年のインチョンアジア競技大会以降、代表選抜戦やランキング戦には姿を見せておらず、半ば引退状態での電撃的な優勝だ。

下の動画はそんな彼の練習ムーヴィー。李佳鴻だけに許された華麗で天才的なラケット捌き、安易にマネをすることは極めて危険?!である。要注意!!この動画のプレーは2008年アジア選手権(韓国ムンギョン)の前日練習でのパフォーマンス。2006年と2010年の金メダルの中間年で、しかも台湾国体の無い年。台湾選手にとって動機付けが難しい。実際、台湾予選は一位で通過(楊勝發・李佳鴻)、このアジア選手権と翌月の第一回NHOPENに参戦するが、目立った成果はあがってない。が春先の中山杯(4月)や代表選抜戦(7月)では、今にして思えば全盛期とおもわれる凄みと切れを見せていた年でもある。



MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

Blog | Site Map | Contact Us | Copyright (C) 1996-2019 copyrights.Soft Tennis WEBISTE All Rights Reserved.

results

results

全日本高校選抜

男子 高田商
女子 就実

アジアカップ

男子 NTT西日本
女子 ヨネックス

国際札幌インドア

男子 中本・鈴木(福井県庁)
女子 高橋・半谷(どんぐり北広島)
[北海道連盟]
アゼリアカップ高校選抜
日本リーグ入替戦

全日本インドア

男子 林田・柴田(ヨネックス)
女子 森田・黒木(ヨネックス)

東京インドア

男子 林田・柴田(ヨネックス)
女子 徳川・黒木(ヨネックス)

全日本社会人学生対抗

日本リーグ

男子 NTT西日本
女子 ワタキューセイモア

全日本学生インドア

世界ジュニア2018

コリアカップ2018

アジアシニア選手権

全日本選手権

天皇杯 船水颯人・上松俊貴 
皇后杯 林田リコ・宮下こころ

福井国体

少年男子 奈良
少年女子 東京
成年男子 和歌山
成年女子 東京

全日本社会人選手権

男子 丸中・長江(NTT西日本)
女子 中川・芝崎(ナガセケンコー)

インカレ

女子大学対抗 東京女子体育
女子ダブルス 笠井・尾上(日体)
女子シングルス 梶尾明日香(立命館)
男子大学対抗 明治
男子ダブルス 安藤・内田(早稲田)
男子シングルス 船水颯人(早稲田)

全日本実業団選手権

男子 NTT西日本
女子 ヨネックス

インターハイ

女子団体 昇陽(大阪)
女子個人 小林・原島(文大杉並)
男子団体 高田商業(奈良)
男子個人 下原・林(高田商)

西日本選手権

男子 増田・九島(和歌山県庁・ミズノ)
女子 志牟田・泉谷(東芝姫路)

東日本選手権

男子 船水・上松(早稲田)
女子 徳川・黒木(ヨネックス)

チャイナカップ2018

男子ダブルス 長江・村上(NTT西日本)
女子ダブルス 詹佳欣・黃詩媛(台湾)
男子シングルス 長江光一(NTT西日本)
女子シングルス 鄭竹玲(台湾)
ミックスダブルス 詹佳欣・陳郁勳(台湾)
男子団体  NTT西日本
女子団体 台湾

ハイスクールジャパンカップ

全日本大学王座

男子 早稲田
女子 日体大

全日本シングルス

男子 船水颯人
女子 尾上胡桃

アジア競技大会日本代表予選

男子 船水颯人
女子 林田リコ

全日本女子選抜

ダブルス 高橋・半谷
シングルス 尾上胡桃

 

更に以前の記事を読む