ウイヒューハン
WE Hyuu-Han
(韓国)

サンム出身のネットプレイヤー。サンム出身ということは超エリートということだ。ながらく金耿漢とチームメイトだったためか、プレーがそっくり。2006年に釜山に移籍。34才で国際大会初出場をはたした遅咲きの選手。

2006アジア競技大会ミックスダブルス優勝、国別対抗銅メダル

-->MAIN
BACKHAND VOLLEY
バックボレー
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
   
29 30   31

2006アジア競技大会ミックスダブルスゴールドメダリスト魏休煥のバックボレー。

2〜 構え、ラケット面を起こし、左手でイチョウ部分をもった模範的な構え。初心者諸君はまずこの構えにおおいに学んでほしい。

4〜フットワークが始まり、ほぼ同時に肩をターンしていく。肩のターンは14まで。テイクバックはこの肩のターンのみであり、いわゆる「ラケットを引く」という動作が、ほとんど、存在しないことにおおいに注目してほしい。

左手は17までつけられ、18でラケットをリリースしている。その18以降は完璧な美しさである。文句のつけようがない。

 グリップはウエスタン、韓国前衛としてはやや厚めの握りだが、その分、バックボレーには最適化されているともいえる。また厚いとはいえ、人さし指の支えは強烈であり、セミウエスタン的な要素も多分にある。

魏休煥のボレーグリップ。右の劉永東のグリップと較べるとやや厚め。金煕洙の握りに近い。 劉永東のボレーグリップ。韓国、台湾のトップ選手におおいセミウエスタン系の握り。
ミックスダブルス決勝での魏休煥。
メダルセレモニー