劉永東
YOU Young-Dong ユウ・ヨンドン
KOREA

史上最強のネットプレーヤー。完璧なテクニックと冴え渡るヘッドワーク、そしてなによりも圧倒的な迫力で万人を魅了する。このような選手は二度あらわれないだろう。国際大会における獲得金メダルは実に9個!!まさに金字塔である。
1994アジア五輪国別対抗銀メダル、ダブルス金メダル。1996アジア選手権国別対抗金メダル、ダブルス銀メダル。1997東アジア五輪国別対抗金メダル、ダブルス金メダル、シングル金メダル。1998アジア五輪国別対抗金メダル、ダブルス銅メダル。1999世界選手権国別対抗銀メダル、ダブルス銅メダル。2002アジア五輪国別対抗金メダル、ダブルス金メダル、ミックスダブルス金メダル。2003世界選手権国別対抗銀メダル、ダブルス銀メダル、ミックスダブルス銅メダル、

-->main
FORE VOLLEY
フォアボレー(クロス)
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27 28
29 30 31 32

 

球聖ユウヨンドンのフォアボレー。
最後の国際大会となったドーハアジア競技大会ミックスダブルス決勝(2006)より。
いまこそじっくりイメージトレーニングを!ということで動画全盛時にあえて連続写真をお届け!
ユウヨンドンについては説明不要かとおもうが簡単にその華麗な球歴を。
アジア競技大会に4回(1994第12回〜2006第15回)に連続出場、トータル10種目にエントリーし、その全種目でメダルを獲得、その内訳たるや金5、銀3、銅2。日本がこの間獲得した金メダルが男女全種目あわせて3であることを考えるとこの数字がいかにとんでもないものか知れるだろう。特筆すべきはメインイベントたる個人戦ダブルスでの3度の決勝進出、2度の金メダル獲得(1994金、1998銅、2002金、2006銀)で、比肩しうるのは李佳鴻の2連覇3大会連続決勝進出のみ。
1997東アジア競技大会でダブルス、シングルス、団体の3冠
2002アジア競技大会でダブルス、ミックスダブルス、団体の3冠
現NH BANK監督
,,,,,,