[新世代のヴィルトゥオーゾ(トッププレイヤーの動画とその解説)]フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13][14][15]  バックハンド [1] [2]  サービス [1] [2] [3] [4]ドライブボレー [1] [2] フォアボレー[1] [2] バックボレー[1] [2] [3] [4] [5] [6] ローボレー[1][2] スマッシュ [1] [ダブルフォワード] [サービスリターン]
動画でみるソフトテニスの基本技術 ---フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7][8][9][10][11][12] ロビング [1] [2] バックハンド [1] [2] [3][4][5]  サービス [1] [2][3][4] カットサーブ [1] フォアボレー [1][2][3] バックボレー [1] [2] [3] ハイボレ−[1] スマッシュ [1] [2] [3] サービスリターン[1][2]
ソフトテニスビギナーズガイド --->これだけは知っておきたい[基本用語 -- 超初心者のためのゲームの進め方] ソフトテニスについて詳しく知りたい!---> [エンサイクロペディアソフトテニス] 
 
 
   
インターハイ出場校一覧
インターハイ 男子団体 高田商 男子個人 中山・杉尾(和歌山北) 女子団体 三重高校 女子個人 奥村・嘉数(福岡-中村学園)
 

庭球書房に新刊
現在入手できるソフトテニスの本

2008インターハイ
 川口市青木公園、川口総合高校
29日[女子個人〜三回戦] 30日[女子個人〜決勝] 31日[女子団体]
2日[男子個人〜三回戦] 3日[男子個人〜決勝] 4日[男子団体] 5日[男子団体〜決勝]
   
優勝
準優勝
第三位
団体
高田商業
奈良
北海道尚志学園
奈良
三重
三重
和歌山北
和歌山
個人
中山陽司・杉尾卓馬
和歌山-和歌山北
萩野光彦・南郷周英
宮城-東北
品川・石川
三重-三重
増田・今井
三重-三重
団体
三重
三重
淀之水
大阪
脇町
徳島
文大杉並
東京
個人
奥村すずな・嘉敷美玖
福岡-中村学園女子
石原雅子・山本彩加
広島-翔洋
前田・柴田
福岡-中村学園女子
塩島・多賀
香川-尽誠学園
男子団体(4日,5日)
高田商17度目の優勝!!

記録的な豪雨に見舞われた関東地方。午前中だけはなんとか、雷の不気味なうなりはあったものの、雨はおちてこなかった。閉会式終了後、まもなく豪雨に。

 高田商の17度の優勝もちろん二位を大きく引き離しての史上最多。初戦の沖縄向陽戦でもたついたが、上位にあがるにつれて圧倒的な強さを発揮した。山場ともくされた準決勝の伝統の一戦である三重戦に快勝、決勝は完勝。初優勝が昭和45年、以後39年間に17回の優勝となる。

決勝 北海道尚志学園0-2高田商
準決勝 和歌山北1-2北海道尚志学園、高田商2-0三重
準々決勝 和歌山北2-1宇都宮短大付、北海道尚志学園2-0長岡商、高田商2-0大分商、尽誠学園0-2三重
4日、雷雨のため、残り6試合を明日に順延
順調に進行していた大会最終日男子団体戦だが、夕刻に天候が激変、激しい雷雨に見舞われ、試合は中断。大会本部は18:00にやむなく翌日への順延を決定した。雨は小振りになったものの雷がおさまる気配をみせておらず、しょうがないところ。明日の試合開始は8:30。--画像は左が巽(高田商)。右が大塚(北海道尚志)--
 
 
男子個人(2.3日)
優勝 中山・杉尾(和歌山北)
和歌山北は4年ぶり2度目の個人戦優勝、和歌山県からは3組めのチャンピオン。
決勝 中山・杉尾4-1萩野・南郷
準決勝 品川・石川(三重)3-4中山・杉尾(和歌山北)、増田・今井(三重)2-4荻野・南郷(東北)
準々決勝 大熊・川尻(川越東)1-4品川・石川(三重)、稲田・中山(岡山理大付)1-4中山・杉尾(和歌山北)、増田・今井(三重)4-2庄司・渡部(北海道尚志学園)、荻野・南郷(東北)4-3中村・百田(塩田工)
六回戦 中村・北村(塩田工)0-4大熊・川尻(川越東)、品川・石川(三重)4-0下村・有本(和歌山北)、渡部・川平(向陽)1-4稲田・中山(岡山理大付)、善木・楠田(岡山南)2-4中山・杉尾(和歌山北)、真野・善野(岡山理大付)2-4増田・今井(三重)、渡辺・佐藤(木更津総合)3-4庄司・渡部(北海道尚志学園)、尾山・島田(高岡商)0-4荻野・南郷(東北)、中村・百田(塩田工)4-3和田・植山(高田商)
女子団体(31日)
三重高、初優勝!!
女子団体戦で初優勝した三重。三重高女子部としてでなく、三重県としても女子における(団体、個人を通じて)インターハイの初制覇となる。
決勝 三重2-1淀之水
準決勝 三重2-0脇町、文大杉並0-2淀之水
準々決勝 文大杉並2-0秋田和洋淀之水2-1和歌山信愛、宮崎商0-2三重、脇町2-0大分商
女子個人(29,30日)
優勝 奥村・嘉数(福岡-中村学園)
奥村は昨年の全中チャンピオン(熊本-鶴城)。一年生のインターハイ個人戦制覇は久々(23年振りか?)
決勝 石原・山本2-4奥村・嘉数
準決勝 石原・山本4-0塩島・多賀、前田・柴田2-4奥村・嘉数
準々決勝 石原・山本4-0宮下・伯井塩島・多賀4-3杉本・大崎、前田・柴田4-3深沢・大槻、奥村・嘉数4-1前田・東海

六回戦 石原・山本(翔洋)4-1西谷・亀田(金沢学院東)、田中・結城(日大藤沢)1-4宮下・伯井(淀之水)、塩島・多賀(尽誠学園)4-2林・冨田(鳥羽)、横山・宮下(三重)3-4杉本・大崎(中村学園)、前田・柴田(中村学園)4-2高砂・東(宮崎商)、大槻・石田(健大高崎)4-3深沢・大槻(翔洋)、奥村・嘉数(中村学園)4-2北川・岡田(淀之水)、前田・東海(高岡西)4-3林・岩渕(三重)

 
2008インターハイ点描---男子団体戦---
2008インターハイ点描---男子個人戦---
 
2008インターハイ点描
 
 
Soft Tennis WEBSITE