spc
spc

 

MAIN | BBS | BLOG | YOUTUBE | FACEBOOK | MAIL

アジア選手権基本情報 2008 | 2004 | 2000 | 1996 | 1992 | 1988 | 旧アジア選手権 | 歴代優勝者
line

嘉義(カギ)に行こう!!アジアソフトテニス選手権ガイド

 

 
嘉義市中心部2006年撮影
台北のランドマーク『101』からの夜景。むろん台北も悪くない。

嘉義市は台湾中南部の中都市(人口30万弱)。北回帰線の街としてしられ、いわゆる熱帯である。現在、台湾のソフトテニスの中心都市(協会会長が在住)で、大会が開催されることがおおい。
読み方は中国語読みで『チアイー』とか『ヂアイー』。しかし台湾語では『カギ』である。それで通じる。

私は同地をいままで4、5回訪問している。2006年にいったときはたしか5月末のこと、。赤道直下(夏至)直前。あついのなんの台湾南部では真夏 には蚊がいなくなるという話しがあるそうだが、さもありなんという感じである。緯度ということではもっと南のバンコクやチェンマイに行ったことがあるがい ずれも季節は12月でかなり涼しかった。(その翌年の7月にさらに南の台南にいったが台風一過で妙に涼しく拍子抜けしたことがある)

夏はその一度切りで、あとは春と秋に嘉義を訪問しているが、暑さは日本の真夏ぐらい、まあ想定内の暑さである。11月にはいったことがない。たぶん昼間は 暑く、夜は心地よいという感じではないだろうか。台湾は南北に長いので、北端にある台北とはまったく気候が違うと考えたほうがよい。気候も風土も違う。台 北から列車や車で南下していくと台中をすぎるあたりから風景がどんどん変わっていくがはっきりわかる。植物がそのものがかわっていくのだ。また大都会台北 はかなりソフィスケートされていて、これぞ東南アジア!!的なインパクトはかなり薄まっている。しかも冬はかなり寒い。しかし嘉義まで下ってくるとまさに ディープ台湾!!異国情緒を満喫できること請け合いである。近年、台湾を訪れる日本人観光客がたいそうおおいが、ほとんどが台北だけを見て帰るという。台 北もたしかに魅力的な都市であることはまちがいないが中南部はさらに興味深い、と思うのである。

台北の名所、総統府。日本統治下時代につくられた美しい建物。内部見学も可能。

嘉義の行き方

台北市中心にある松山空港(松山機場)玄関をでたところ。

現在台湾の空の玄関は三カ所、桃園国際空港、松山空港(台北)、高雄国際空港である。
たいていの人は桃園か松山を利用することになるだろう。
桃園と松山は成田と羽田の関係に似ている。当初、台湾の国際空港といえば台北市内の真ん中にある松山空港だった。しかし桃園に国際空港が完成し、松山は国 内線専用となる。しかし桃園は成田ほどではないが台北市内から距離があり、羽田の再国際化にあわせて松山も再び国際空港になり、新ターミナルも増設した (こじんまりしていて手続きも手早く実に使いやすい空港である)。

台北駅にあるバスターミナル、鉄道駅とは独立した建物で数年前に新装なったもの。一回にチケット売り場が集中していて使い安い。台湾はバス会社が乱立していて値段いろいろあるが、いずれも日本に比べると格安だ。嘉義直行便もここからでている。総統座という超豪華シートを備えたバスもある(オススメ!)

たしかに台北を訪問するならこの松山空港はすこぶる便利が良い。空港をでれば即台北市街地であり、まるで東京駅に滑走路がある感じである。当然のように最近の台湾ツアーはこの羽田←→松山便を利用するものが増えている。
ただ地方への旅行客にとっては桃園空港との差はあまり無い。
松山空港から地方都市にでるにはタクシー(15分くらいだったか?)か地下鉄(一度乗り換えでトータル30分くらい)で台北駅にでる必要がある。

台北駅には在来線、高鐵(台湾新幹線)、バスターミナルが集中している。

 

桃園国際空港。日本でいうと成田空港にあたる。第一ターミナルと第二ターミナルがあるが全体としてこじんまりしていて使いやすい
一方、桃園国際空港(数年前までは中正国際空港とよばれていた)は空港から各地方行きのリムジンバスがでている。ただ台中より南にいく場合は途中で乗り換える必要があり、これはなれてないと非常に難しい。
桃園国際空港から嘉義にいくのなら、バスあるいはタクシーで高鐵桃園駅まで移動(15分くらい。これは比較的容易です)そこから台湾新幹線で高鐵嘉義駅へ というのが無難で一番早い。注意するのは在来線の桃園駅と新幹線の桃園駅は場所が全然違うということ。ちなみに新幹線と在来線が両方乗り入れている駅は台 北(北端)、左営(南端)ぐらい。当然、嘉義も同じ。在来線嘉義駅は嘉義市の中心にある(長距離バスもここに到着)。高鐵嘉義駅は市街地より10キロ強郊 外にある。市街地まではバスかタクシーを利用することになる。

おすすめというか一番簡単で早いのは

桃園空港からバスで高鐵桃園駅、台湾新幹線で高鐵嘉義駅へというルート。

台北観光を絡ませたいなら松山空港便の利用がベストだろう。

在来線の嘉義駅。街の中心。高鐵(台湾新幹線)の駅はここから12キロほどの別の場所なので要注意!!
桃園国際空港のリムジンバス乗り場。チケット売り場には台湾各地の地名が書いてあり、実際に移動できるが、台中より南にいくには直行便がないので要注意。中歴あるいは台中等での乗り換えが必要になる。バスでの移動はもっともリーズナブルだが...