第二回アジアソフトテニス選手権

THE 2nd ASIAN SOFT TENNIS CHAMPIONSHIPS

日程

1992 インドネシア ジャカルタ

 概要

東南アジアで開かれた初の国際大会。旧ルール最後の年でもある。シングルスが公開競技として国際大会にはじめて登場。団体戦の試合法がユニーク。3組点取り戦だがエントリーは4人。3番は任意のペアになる。この大会限りのレギュレーション(アジア競技大会正式種目入りをめざして新興国普及が急速に進んでいた時期であり、それに配慮しての変更)

上位の対戦結果はこちらをクリック

参加国(17の国と地域)

 

参加国・地域
 韓国  台湾 中国 香港 北朝鮮
モンゴル ベトナム スリランカ モルジブ シンガポール
 マレーシア  インドネシア フィリピン ブルネイ タイ
ネパール 日本      

日本代表

日本代表選手
男子
   
   
   
 
 

男子団体戦

日本が11年ぶり(1981年の第4回世界選手権以来)に団体王座に返り咲いた(アジア選手権は初優勝)。これほど空いたのはこの期間だけである。前年の世界選手権で完全優勝だった韓国はメンバーがすべて入れ替わったが、ジャカルタに出てきたメンバーが90年代後半の連勝の中心となる。まだ19歳のユウヨンドンの国際大会デヴュー戦である。

女子団体戦

工事中

男子ダブルス(個人戦)

工事中

女子ダブルス(個人戦)

工事中

 

 

 

| Contact Us | Copyright (C) 1996- copyrights.Soft Tennis WEBISTE All Rights Reserved.