世界ソフトテニス選手権

WORLD SOFT TENNIS CHAMPIONSHIPS

〜その選手のもっている能力が限界までひきだされる戦いになるだろう。それは国内大会ではけっしてみられないものなのだ。それは国際大会を実際にみたひとにしかわからない、会場に足をはこばなければわからない。ソフトテニスの真髄なのである〜 (2003第11回世界ソフトテニス選手権プレヴューより)

概要

世界ソフトテニス選手権大会は国際ソフトテニス連盟(ISTF)の主催によるソフトテニス世界一決定戦である。4年毎に各国持ち回りで開催されている。 1956年に始まった日本、中華民国(台湾)、韓国の3カ国対抗によるアジア選手権大会(旧)を母体として、1975年に第一回大会をアメリカ合衆国ハワイ州で開催した。 以後2年毎に1991年まで開催され、以降は4年毎の開催に変更された(この変更は国際大会の増加にともなう発展的なもの)。2015年のインドニューデリー大会で15回を数える。

現在、参加国は最多(第13回大会)で50カ国にせまり、全大陸におよんでいる。

勢力図をみてみると、韓国、日本、台湾の極東アジア三国がトップグループとして君臨し、中国がややおくれてつづいている。さらに僅差でフィリピン、タイ、インドネシア、モンゴルのアジア諸国が台頭しつつある。欧州勢ではハンガリー、チェコといった東欧勢が力をつけている。

開会式会期

近年は秋に開催(9月〜11月)される。大会初期は8月開催がおおかった。4〜6日、通常6日間。競技開始前日に開会式をおこなうことがおおい。第10回大会(1999)までは団体戦→個人戦と進行したが、第11回大会(2003)より、個人戦(シングルス→ミックス→ダブルス)→団体戦と進行している。

種目

男子国別対抗団体戦、女子国別対抗団体戦、男子ダブルス、女子ダブルス、男子シングルス、女子シングルス、ミックスダブルスの計7種目。

団体戦

2ダブルス1シングルスの点取り戦。ダブルス→シングルス→ダブルスと進行する。チームは最大6人で構成される。第一回大会(1975)〜第8回大会までは3ダブルスの殲滅戦。第9回大会は2ダブルスの殲滅戦。第10回、第11回大会は3ダブルス2シングルスの点取り戦(ダブルス→シングルス→ダブルス→シングルス→ダブルス)。第12回大会より現代の形となる。ダブルスは9ゲームマッチ、シングルスは7ゲームマッチ。80年代までは総当たり戦で順位を決定していたが、90年代以降は参加国の増大によりノックアウト式のトーナメントで競技されることがおおい。

個人戦

個人戦はさらにダブルス、シングルス、ミックスダブルスに別れる。個人戦といえどもダブルスは国別対抗戦であることはいうまでもない。

問題点

チャンピオンシップか?国際親善か? 
-----工事中-----

開催地と勝者

      男子団体 男子シングルス 男子ダブルス ミックスダブルス 女子団体戦 女子シングルス 女子ダブルス
2011 第14回 ムンギョン
韓国
韓国 キムドンフン(韓国) 菅野創生・中本圭哉(日本) キムテジョン・キムキョンリョン(韓国) 韓国 キムエーギョン(韓国) 佐々木舞・大庭彩加(日本)
2007 第13回 アンソン
韓国
日本 キムジェボク(韓国) キムジェボク・キムヒースー(韓国) キムチウン・ヤントンフン(韓国) 韓国 キムチウン(韓国) キムキョンリョン・イキョンピョ(韓国)
2003 第12回 広島
日本
台湾(中華台北) パンジュンハン(韓国) キムベップヒョン・パンジュンハン(韓国) パクヨンヒ・キムキョンハン(韓国) 韓国 河野(日本) パクヨンヒ・キムミョンヒ(韓国)
1999 第11回 林口
台湾
台湾(中華台北) キムキョンハン’(韓国) 謝順風・陳信亭(台湾)   台湾(中華台北) 王思婷(台湾) 上沢恵里・裏地美香(日本)
1995 第10回 岐阜
日本
日本 チャンハンソブ(韓国) 北本英幸・齋藤広宣(日本)   韓国    
1991 第9回 ソウル
韓国
韓国   チャンハンソブ・イスクウ(韓国)   日本   徳永・定本(日本)
1989 第8回 台湾 キャンセル
1987 第7回 ソウル
韓国
韓国   キムソンス・チャンボンフン韓国)   日本   桜井・塩崎(日本)
1985 第6回 名古屋
日本
台湾(中華台北)   劉宏裕・頼永僚(台湾)   日本   文違・日比野(日本)
1983 第5回 台中
台湾
韓国   沖田・桜井(日本)   日本   方愛英・高在淑(韓国)
1981 第4回 ハワイ
USA
日本   木口・横江(日本)   日本   吉留・松本(日本)
1979 第3回 テグ
韓国
日本   井伊・稲垣(日本)   韓国   方愛英・高在淑(韓国)
1977 第2回 台中
台湾
日本   木之村・大木(日本)   日本   方愛英・裵蓮淑(韓国)
1975 第1回 ハワイ
USA
日本   西田・時安(日本)   韓国   朴貞煥・李丙烈(韓国)
| Contact Us | Copyright (C) 1996-2011 copyrights.Soft Tennis WEBISTE All Rights Reserved.