『個人戦での強さは圧巻・・・』セミファイナルの篠原秀典・小林幸司 世界ソフトテニス選手権男子ダブルス

Imgp4514
ダブルス準決勝での篠原秀典・小林幸司。韓国キム監督の入魂のペアともえいるキムドンフン・キムジュンユンを5−1で圧倒したゲーム。篠原・小林は大会を通してこれ以上ないほど素晴らしく、とくにこの個人戦での強さは圧巻だった。中堀・高川の後継として他国に十分すぎるほど存在感を示したのである。来年以降のハードコートシリーズにおいて中心ペアと目されることになるだろう。いよいよ本番である。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments