SoftTennisOrgをフォローしましょうyoutubeLink free [更新情報(ブログ)][News][Site MAP][掲示板] [ゲストブック] [リンク] [メール]  ソフトテニスビギナーズガイド --->[これだけは知っておきたい基本用語] --[超初心者のためのゲームの進め方]
 ミズノ ミズノは日本代表(男子・女子)のオフィシャルサプライヤーです。
動画でみるソフトテニスの基本技術 ---フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] ロビング [1] [2] バックハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]  サービス [1] [2] [3] [4][5] カットサーブ [1] フォアボレー [1] [2] [3] バックボレー [1] [2] [3] ハイボレ− [1] スマッシュ [1] [2] [3] [4] サービスリターン [1] [2] [3] [4][5] [6] [新世代のヴィルトゥオーゾ(トッププレイヤーの動画とその解説)]フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [1a] [3a] バックハンド [1] [2] [3] [4] [5]  サービス [1] [2] [3] [4] [5] [6] カットサービス [1] ドライブボレー [1] [2] [3] [4] フォアボレー [1] [2] バックボレー [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] ローボレー [1] [2] [3] ハーフボレー [1] [2] スマッシュ [1] [2] ダブルフォワード [1] [2] [3] サービスリターン [1] [2]
[リンク][日本ソフトテニス連盟][日本ソフトテニス連盟TV] [Digital Archive][国際大会][アジア競技大会][世界選手権][東アジア競技大会][アジア選手権][HEAD TO HEAD JPN vs, KOR vs. TPE ][Players][天皇杯][皇后杯][全日本シングルス男子][全日本シングルス女子][イラストレイテッド][テニスコートガイド][YOUTUBE]  
全日本ランキング[男子ダブルス][男子シングルス][女子ダブルス][女子シングルス][社会人]
カテゴリー検索 [連盟] [クラブ] [大学] [高体連] [中体連] [ジュニア] [国体] [インターハイ] [動画] [スポーツ科学] [スポーツ傷害、健康] [ドーピング] [テニス肘] [トレーニング] [食事、栄養] [硬式テニス] [相互リンク] [cool !!][ランダムジャンプ]  
地域情報[北海道] [東北] [関東] [北信越] [東海] [近畿] [中国] [四国] [九州] [メール] [リンク希望の方はこちらをクリック]  
[現在入手可能なソフトテニスの本(新庭球書房) ][新刊][VIDEO ARCHIVE][BACK NUMBER]
ソフトテニスについて詳しく知りたい!--->[エンサイクロペディアソフトテニス] [ソフトテニス関連本]

Web Shop ラケット [MIZUNO] [YONEX] [DUNLOP] [other] | シューズ[MIZUNO][ASICS][ADIDAS][NIKE][YONEX][other] | ストリングス | ボール | テーピング、スポーツメディカル用品のオンラインショップ 「DMedical.net」

杉本・森原(東芝姫路)が初優勝!!全日本女子選抜

全日本女子選抜シーズン開幕戦といえる伝統のビッグインドア全日本女子選抜大会が4月8日。東京体育館で開催された。昨年は震災の影響でキャンセルされたので2年振りの開催ということになる。

前回までは2日間でおこなわれいた同大会だが、今年よりワンデイトーナメントに変更された。

ダブルス、シングルスの2種目。インドアでは唯一のシングルス大会でもある(重複エントリーできないので有力選手はほぼダブルスに出場している)。

例年、海外から選手を招待しており、今年も韓国のトップ実業団農協中央会のエースであるキムエーギョン・チュオクが出場。

また今回は新しい試みとしてユーストリームによる生中継がおこなわれた。(これは現在でもみることができる クリック

シングルスダブルスは東芝姫路、ナガセケンコーの2大古豪実業団の決戦の様相。ベスト4に二組づつおくりこんだ。とくに杉本・森原、上原・阿部のエースの強さはダントツで、この2組による準決勝が事実上の決勝といってよいだろう。エース対決にふさわしい好勝負。

決勝は4ポイントゲームで杉本・森原が圧倒。杉本・森原は意外なことに初優勝。東京インドアにも不思議なことに縁が無く、東京初優勝となった。

アンダーの有力選手がエントリーしたシングルスでは先日の全日本高校選抜で2度目の優勝をはたした和歌山信愛の平久保が高校生として初の優勝。長身に柔らかいタッチと将来が楽しみである(2年生)左画像 平久保(信愛)2。水間(NTT西日本広島)
左から森田、藤崎(ナガセケンコー)、深澤、藤本(東芝姫路) 上原、阿部(ナガセケンコー)

開会式で全選手が整列。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

第14回世界ソフトテニス選手権開催!!

10月27日〜11月2日(2日は予備日)
大韓民国慶尚北道聞慶市店村洞聞慶市民コート他

  • main
  • MOVIE1
  • results
  • 国別メダル獲得状況
  • プレヴュー
  • 速報
クロージングセレモニー11月1日のミックスダブルスをもって全7種目を消化し、第14回世界選手権は全日程を終了。地元韓国が7種目中5種目で金メダルを獲得し、目標として掲げていた金4を一個上回る大勝利をおさめた。日本は前回奪還した男子団体のタイトルを失ったが、男子ダブルス、女子ダブルスにおいてワンツーフィニッシュを成し遂げ面目を保った。また男子シングルスにおいて無敵といわれたキムドンフンン(韓国)を長江が2度にわたり追いつめるなど、日本チームは数字以上の成果あげたといえる。来年以降の更なる飛躍が楽しみである。 (画像はクロージングセレモニー)

総評 全対戦結果 
[男子団体戦] [男子ダブルス(準備中)] [男子シングルス(準備中)]
[女子団体戦(準備中)] [女子ダブルス(準備中)] [女子シングルス]
new[ミックスダブルス]  
  GOLD SILVER BRONZE
MENS
TEAM
韓国 KOREA 日本 JAPAN MONGLIA
C.TAIPEI
WOMENS
TEAM
韓国 KOREA 日本 JAPAN CHINA
台湾 C.TAIPEI
MENS
SINGLES
韓国 KIM Dong-Hun
(KOR)
MAKEYEV DMITRY
(KAZ)
韓国 LEE Yo-Han
(KOR)
フィリピン JOSEPH ARCLLA
(PHI)
WOMENS
SINGLES
韓国 KIM Ae-Kyung
(KOR)
MUKRASH SAWONDARI
(INA)
韓国 KIM Kyung-Ryun
(KOR)
タイ SAWITRE NAREE
(THA)
MENS
DOUBLES
日本 SUGANO/NAKAMOTO
(JPN)
日本 SHINOHARA/KOBAYASHI
(JPN)
韓国 BAE/KIM T.
(KOR)
韓国 KIM D./KIM J.
(KOR)
WOMENS
DOUBLES
日本 SASAKI/OHBA
(JPN)
日本 SUGIMOTO/MORIHARA
(JPN)
韓国 KIM K./MIN Y.
(KOR)
韓国 KIM A/CHU
(KOR)
MIXED
DOUBLES
韓国 KIM Kyung-Ryun/KIM Tae-Jun
(KOR)
中国 ZHAO LEI/SHI Bo
(CHN)
日本 SUGIMOTO/NAKAMOTO
(JPN)
JIAO YANG.XIN YANI
(CHN)
  GOLD SILVER BRONZE TOTAL
KOR 5   6 11
JPN 2 4 1 7
CHN   1 2 3
TPE     2 2
KAZ   1   1
INA   1   1
THA     1 1
PHI     1 1
MGL     1 1

キムキョンリョン4種目すべてで第一シード!キムキョンリョンのフォアハンド 動画

4種目すべてにエントリーする韓国女子いや世界のエースベースライナー キムキョンリョン〜 --->full story

開幕前日 日本選手 練習風景 動画

-->>full story

イウオンハク(韓国)欠場。異例の選手交代

-->>full story

プレヴュー 注目の選手 最強のBチーム ヤンヂンハン

ヤンチンハン圧倒的な運動量でコート狭しとひたすらボールを追いかける。それは度を超していて、酷暑、しかもサウナ風呂のようだった2010チャイニーズカップでも全く同じようにふるまい、なんと救急車で搬送されてしまった〜本文(クリック)

プレヴュー 注目の選手 篠原秀典のサーブ&ボレー 

篠原秀典〜篠原・小林の今日あるは運命づけられていたというしかない〜以下本文(クリック)

プレヴュー 日本にはウエハラがいる! 注目選手 アジアの女王 上原絵里

現在、上原は国際大会個人戦ダブルスをペアを変えながら連勝中である。2008年アジア選手権は平田とのペアで、2010アジア競技大会は杉本とのペアでそれぞれ金メダルを獲得している〜以下本文(クリック)

プレヴュー 注目の選手 韓国エース前衛 キムテジョン 新世代のヴィルトゥオーゾ

3大会連続(個人戦のみの前回世界選手権をいれると4回)の国際大会代表となったキムテジョン(利川市庁)。現在の韓国NO.1前衛である。スリートップと比較するといかにも地味な存在だが、昨年のアジア競技大会の韓国予選での強さはペアのペウオンソンとともに圧倒的>>>以下本文

プレヴュー 注目の選手 小林幸司 〜新世代のヴィルトゥオーゾ〜

〜中堀・高川のいない日本男子というのがなじめないというかイメージできないのだが、そういう人はおおいのではないだろうか?〜>>>以下本文

プレヴュー 注目の選手 鄭竹玲(台湾)のフォアハンド 〜新世代のヴィルトゥオーゾ〜

台湾女子というのは時々びっくりするようなことをやってのける。ドーハでの江婉綺の優勝などだれが予想していただろうか?台湾関係者でさえ口あんぐりという感じだっだ。1999年のワンスーチンの活躍もそうだろし、1997年のアジア選手権個人戦で当時高校生の謝が優勝したこともあった。昨年のアジア五輪でもそれが起きた。1994年にアジア五輪の正式種目となって以来、連勝中だった無敵無敗の韓国女子を台湾がやぶってしまったのだ、やぶるのは日本のはずだった。韓国もくやしかったろうが中本監督も悔しかったに違いない・・・>>>以下本文

プレヴュー番外編 ---The Times They Are a-Changin 2--- 新世代のヴィルトゥオーゾ

あきらかに時代は大きく動いている。そして次代はみえていない〜 >>>>本文はこちら

世界選手権基本情報

>>>クリック

世界ソフトテニス選手権プレヴュー1----観戦案内----

〜韓国での開催は2大会連続5回目ということになる(史上最多となる)。開催地となるのは2008年にアジア選手権の会場となった聞慶市〜 >>>詳細はこちら

盛り上がる韓国 第14回世界ソフトテニス選手権直前のソウル!

〜ソウル駅ホームに設置された第14回世界ソフトテニス選手権の案内ボードである。なんとディスプレーつき!>>>詳しくはこちら

世界選手権開幕まで一ヶ月!!

第14回世界ソフトテニス選手権開幕(10月27日〜11月1日 韓国聞慶市)であと一ヶ月と迫った。国内では国体(山口)、全日本(松本)と国内最重要トーナメントが続くので、あっという間に開幕ということになるだろう。ライバル国の台湾、韓国もこれから国体であり、その重要さは日本と同様、いやそれ以上の存在なので代表選手はたいへんである。しかし、見方をかえれば選手のコンディションはピークとなるはずで、世界選手権本番が本当に楽しみだ。>>>以下はこちら(クリック)

現地レポートはこちら

キムキョンリョン・キムテジョンが韓国の3連覇を達成 ミックスダブルス

ダブルス 日本男女ともワンツーフィニッシュ 男子 菅野・中本 女子 佐々木・大庭

個人戦シングルス 韓国男女とも2大会連足のワンツーフィニッシュ

完璧 韓国男女とも団体戦を制す

韓国男子 5大会20年振りの優勝 女子は3大連続6度めの優勝

開会式 F(X)登場!!会場熱狂!!

予定を30分繰り上げてはじまった開会式。前回大会(2007)が強烈な印象からするとやや地味かな、と思っていたが、クロージングに韓国アイドルグループのトップを走るF(x)が登場し、会場は熱狂の渦。狂乱のうちに終幕。F(x)

 



ファイテンオフィシャルストア

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

Blog | Site Map | Contact Us | Copyright (C) 1996-2011 copyrights.Soft Tennis WEBISTE All Rights Reserved.

results

全日本女子選抜

ダブルス 杉本瞳・森原可奈(東芝姫路)杉本瞳シングルス 平久保安純(高体連 信愛女短附)

全日本高校選抜


男子 尽誠学園(香川)
女子 信愛(和歌山)

都道府県対抗中学

中山盃国際大会

男子ダブルス イゾンウ・キムキソン(韓国)
男子シングルス パクキュヒ(韓国)
女子ダブルス 深澤・宮下(日本)
女子シングルス チェンツゥリン(台湾)
国別対抗団体戦 台湾

アジアカップひろしま国際

男子 ソウル市庁(ソウル市体育局(韓国勢として7度目の優勝)
女子 ナガセケンコー(15年振り2度目のV)

全日本高校選抜出場校一覧

全日本女子団体選抜

[大会結果掲示板]

国際熊本大会

男子 品川・中本(早稲田)
女子 杉本・森原(東芝姫路)

日本リーグ入替戦

[大会結果掲示板]

アゼリアカップ高校選抜

[大会結果掲示板]

 

SEAGAMES 26th

第14回世界選手権

男子国別対抗団体戦 韓国男子団体
女子国別対抗団体戦 韓国女子団体
男子ダブルス 菅野創世・中本圭哉(日本)
女子ダブルス 佐々木舞・大庭彩加(日本)女子ダブルス
男子シングルス キムドンフン(韓国)
女子シングルス キムエーギョン(韓国)女子シングルス
ミックスダブルス キムキョンリョン・キムテジュン(韓国)

更に以前の記事を読む