更新 動画でみるソフトテニスの基本技術『堀越のバックレシーブ』

 本文より〜左サイド(逆クロス)のサービスリターン。右利きのプレーヤーにとってはバックでのストロークが重要になってくる。極論すれば、理由は唯一つ、打球後のリカバリが容易だからである。テニスはワンショット打って終わり、ではない。常に次があることを念頭におかねばならない。とくに守備的なショットではそうだ。わざわざ守備的なショットとことわったのはセカンドレシーブではまた事情が異なるからである。また鋭い回転のカットサーブをバックハンドでリターン(打球)するのは自殺行為である。〜全文はこちらをクリック。Imgp0694




コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments