アゼリアカップ高校選抜国際大会 2月13、14日 高松市総合体育館

drow


出場校は各地区の上位、そして韓国、台湾の強豪。新チームになって初めての本格的な全国大会であり、単に高校選抜の前哨戦という以上の意味があるように思えないこともない。一方、海外勢に目をうつしてみると、近年、今大会での成績は成績はもう一つだが後年国際大会の上位で大活躍することになる選手がかつてこの大会でその片鱗をみせていたということは実は枚挙にいとまがないのである。(10数年まえに李佳鴻、劉家綸らが所属する豊原高商が3連覇したことがある)。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments