バンコク 釜山、 遠くなりにけり・・・・

韓国3トップ!!バンコク 釜山 遠くなりにけり。

韓国の有力新聞東亜日報に掲載されたインチョンでの韓国国体関連記事だ。

左から、キムキョンハン(タルソンコーチ)、キムヒースー(ムンギョンコーチ)、ユンヨンドン(農協中央会コーチ)。

ここ2、3年のソフトテニス界をみるに、この3人が選手として現役だったころをもはや想像すらできなくなった感がある。現在の国際大会の現状はまるでちがってしまっているのだ。ここまで・・・といえるほどに。

いったいあの時代はなんだったのか。同時代、日本にも台湾にも巨人が屹立していた。奇跡の時代である。

2002アジア競技大会でのメダルセレモニー。画面左はすべて取材陣カメラの砲列がすごい。3トップを擁した韓国は7種目完全優勝を果たす。
2002アジア競技大会でのメダルセレモニー。画面左はすべてテレビ新聞等の取材陣。カメラの砲列がすごい。3トップを擁した韓国は7種目完全優勝を果たす。メディアの扱いも破格で、間違いなくソフトテニス史上最大の報道量。なにせスポーツ紙の一面トップに馬鹿でかい写真いりの記事がでたのである。コラムもガンガン書かれた。

かけがえが無いとよくいわれるが、そういうことなのだろう。我々は喪失したのである。それはおそらく2度ともどってこない・・・・(この3人が同時に代表となった1998バンコク大会、2002釜山大会のアジア競技大会で韓国は2連覇。ユンヨンドンはアジア競技大会に4大会連続出場(1994〜2006)し個人戦ダブルスで金2、銀1、銅1を獲得)




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments