日本女子ワンツースリーで2大会ぶりの5度目の優勝 女子ダブルス全対戦結果 アジアソフトテニス選手権

日本女子としては2大会ぶりの5度目の優勝。

四大国際大会としては2011年世界選手権での佐々木・大庭以来の5年ぶりのダブルスタイトルとなる。

1988年からの全8大会8中5回(1992熊野・砂本、2000上沢・裏地、2004玉泉・上嶋、2008上原・平田)の優勝ということで、ことアジア選手権では、ミックスダブルス同様に、日本と親和性が高い種目である。

逆に韓国女子とは、異様?なほど、相性が悪く、2008年の自国開催においても他種目で圧勝しながらこの種目だけ優勝ならず、過去優勝は前回大会のキムエーギョン・チュオクのみにとどまっている。

歴代メダリスト一覧

asia2016_914




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments