優勝候補筆頭・・・アジアカップ国際大会 韓国チーム

いずれも名門中の名門

2008アジア選手権ダブルス決勝でのイヒョンス。ソウル市体育局のヤンヂンハンとのペアで開催国ワイルドカードでの出場だったが、二回戦で篠原・小林に完勝、決勝では中堀・高川を相手に劇的な勝利をおさめ優勝。

韓国は例年、前年秋に開催される韓国国体の団体戦優勝チームをこのアジアカップに派遣することになっている。

今回は男子はタルソン(テグ広域市)、女子はNHBANK(‪農協銀行 京畿道‬)。

いずれも名門中の名門であり、この大会の常連。過去、優勝もあるチームだ。

NHBANKは2007−2010に4連覇。

タルソンは2006、2008に優勝。2010に3位。

優勝候補の筆頭

タルソンはあのキムキョンハン(四大国際大会において7つの金メダルを獲得)が所属したチーム(現コーチ)。

過去の優勝時にはイウオンハク、キムキョンハンが中心だったが、キョンハンは2010年シーズンを最後にコーチに専念、イウオンハクが2011年シーズンを限りに退団、引退。そのウオンハクとのペアで2011年代表戦で一位となったキムジュンユンが2011世界選手権優勝を機に軍役につき、チームはすっかり入れ替わった感もある。しかし相変わらず強い。

現在のエースは昨年の代表ジョンジヒョン・パクキュチョル(アジア選手権ダブルス3位)。

2番手はイヒョンス・キムヒョンス。

イヒョンスは2008年のアジア選手権ダブルス優勝のサウスポー。

さらに2010年アジア五輪代表戦次点のイスヨルが控える。

国際タイトルの数では台南市代表に譲るがそのチーム力は確か。いやそれどころか今回の優勝候補筆頭である。

アジアチャンピオン登場

NHBANKはエース キムエーギョン・チュオク(昨年アジア選手権ダブルス優勝)が圧倒的。

チーム全体として前衛力の遜色は否めないがクレーではあまり関係ないということが過去の結果からみてとれる。

とはいうものの日本女子の充実は現在がピークであり、非常に楽しみといえる。

左上から イヒョンス、ジョンジヒョン、パクキュチョル、イスヨル、キムヒョンス、イムスミン、チュオク、キムエーギョン、チェエリ




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments