希望の光が灯る、そんなトーナメントになればよいが・・・・天皇賜杯・皇后賜杯 全日本ソフトテニス選手権開催 

TAIW0112
画像はいずれも昨年度大会(茨城県神栖市)より。台風の影響で月曜までかかって消化された。

明日から大館(秋田県)で全日本ソフトテニス選手権が開幕、3日間に渡り、全国の強豪が日本一をかけて熱戦を展開することになる。男子優勝ペアには天皇賜杯 女子優勝ペアには皇后賜杯がそれぞれ与えられ、同時に今年度のランキング一位も確定する。

昨年に引き続き国際大会の後の開催となるので、もうひとつ盛り上がりに欠けるような気がしないでもない。

昨年は東アジア競技大会直後に開催され、代表選手たちは散々な結果に終わった事は記憶に新しい。今年は間に国体をはさんで約20日ほどの空いている。それにしてもアジア競技大会、国体、全日本がわずか一ヶ月足らずの間に開催とは!さらに2週間後には世界選手権の予選も控えている。なにかムダに過密な感じもある。

こういうときは新チャンピオンの予感がある。インチョンでの惨敗のあと希望の光が灯る、そんなトーナメントになればよいが。

 

会場は秋田国体の会場となった高舘コート(16面)がメイン会場。

詳細は秋田県ソフトテニス連盟




コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments