開催国枠が+3に アジア選手権の詳細発表

第6回アジア選手権開会式

11月に千葉市で開催される第8回アジアソフトテニス選手権の要項が日本ソフトテニス連盟ホームページより発表された。(6月9日)

日本ソフトテニス連盟ホームページ

個人戦が過去最大枠に

注目は各種目のエントリー条件で以下のように記されている。

各種目が各国3枠というのは2008年のアジア選手権以来のことであり、しかも開催国にワイルドカードが各3枚というのは史上初のはずである。個人戦、特にダブルスが濃密なものになることが予想され、おおいに歓迎したいし、今後、継続されることを切に望む。

ちなみに各国個人戦3枠は2003年に導入され、2006年(ドーハアジア競技大会)を除いて2008年まで5大会で実施されている。
(上画像は第6回アジア選手権開会式より)




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments