Movie Report 増田健人V2!!2016全日本シングルス 兼 アジア選手権日本代表選抜 男子

 

男子も高校生を含む若手の台頭が目立ったが、それも準々決勝まで。ベスト4はすべて代表経験者で占められた(全員が全日本シングルスにおける決勝経験者で3人がチャンピオン)。

現在のベスト4として誰もが納得できる顔ぶれといえるだろう。

優勝 増田健人(和歌山県庁)

T0162580増田は4年振り2度目の優勝(決勝進出は3度目)。アジア選手権には初出場となるが、国際大会には2年連続、3度目の出場となる。2010年中山盃国際大会シングルスで優勝等の成績もある。

準優勝 長江光一(NTT西日本広島)

過去3度の優勝。新ルール化では最高記録である。準優勝は2度目、つまり5回決勝に進出していることになる(ベスト4以上が’7回)。2013年東アジア競技大会シングルスで金メダルを獲得しており、これが2016年現在で日本男子が個人戦シングルスで獲得した唯一つの金メダル。T0162585

昨年優勝を争った船水兄弟は今年も揃ってベスト4へ。2年連続の決勝はならなかったとはいえ、素晴らしい成績であることには違いない。
昨年優勝を争った船水兄弟は今年も揃ってベスト4へ。2年連続の決勝はならなかったとはいえ、素晴らしい成績であることには違いない。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments