インドアシーズン大詰め 週末は高松、熊本 そして名古屋

2016−2017インドアシーズンもいよいよ大詰め、全国各地で注目の大会が今週末に開催。

高松アゼリアカップ高校選抜ソフトテニス国際大会

2月11日~ 12日 高松市総合体育館

高校生新チームによる初の全国大会、春の選抜大会の前哨戦ともいえるが韓国、台灣からも例年どおり参加がある。日本選手はむろん海外選手も代表レベルでアゼリアにかつて出場した選手は多数いることはこころにとめておくべき(かつて台灣の英雄李佳鴻、劉家綸は連続優勝を達成(豊原高商))。
高松市ソフトテニス協会

日本リーグ入替戦

2月11日~ 12日 稲永スポーツセンター(例年と会場が違うので要注意) 
もっともシリアスなインドア。ある意味日本リーグよりもシリアス。残留、昇格をかけた死闘が二日間。一度は見ておきたい。

熊本インドア(全日本選抜ソフトテニス熊本大会)

2月12日 熊本県立総合体育館 
かつては国際大会だったこともある地方インドアの雄。超豪華な招待選手。
主な出場選手
男子 水澤・長江 船水・九島 安藤・星野 鯨井・高月 緒方・荒木
女子 志牟田・地中 若田・泉谷 田辺・榎本 植田・松本2009年熊本インドア決勝。すべてのインドアでのベストゲーム候補




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments