コリアカップ2019 最終結果

コリアカップ2019

キョンギド(京畿道)アンソン(安城市)国際ソフトテニスセンター


10日 シングルス
11日 ダブルス
12日 団体戦
13日 それぞれの種目(6)の準々決勝ー準決勝ー決勝

日本チーム

男子 北本(明治)、林(湧NTT)、北野(ワタキュー)、田中(明治)、高倉(早稲田)、大友(東邦ガス)

女子 宮下(明治)、 笠井、久保、黒田、桑名(日体大)、早川(ナガセ)

最終順位

男子ダブルス

一位 イスヨル・キムジュンユン(韓国)
二位 カンドンソン・ソンインギョン(韓国)
三位 張祐瑄・張祐菘(台湾)/パクヒヨン・キムグクチン

男子ダブルス優勝のイスヨル・キムジュンユン。スヨルは現世界チャンピオン。ジュンユンは2011年世界選手権団体優勝。今年はこのペアで世界選手権韓国代表選抜戦を二位で突破。

女子ダブルス

一位 ムンヘギョン・コウンジ(韓国)
二位 イミンソン・ペクソル(韓国)
三位 イジソン・ナダソム(韓国)/笠井・久保(日本0

男子シングルス

一位 陳郁動(台湾)
二位 キムジヌン(韓国)
三位 チョヨンソク(韓国)/ユングンミン(韓国)

キムジヌンを圧倒し優勝した陳郁動(台湾)
陳は今年から大学生(台北市立大)。昨年のアジア競技大会代表(むろんまだ高校生だった)。団体戦準決勝日本戦で船水を大きくリードし注目を集めたことが記憶に新しい。
今回は準々決勝でユンヒョンウクにも勝っており、韓国代表選抜一、二位を連破したことになる。(画像はSPOTVのライブ配信映像より)

女子シングルス

一位 ソンジヨン(韓国)

二位 イミンソン(韓国)
三位 チェスンヒョン(韓国)/ムンヘギョン(韓国)

男子団体

一位 韓国A
二位 韓国B
三位 フィリピン/日本

女子団体

一位 韓国A
二位 韓国B
三位 中国/日本

コリアカップ2019(韓国 アンソン)

最終結果

男子ダブルス

一位 イスヨル・キムジュンユン(韓国)
二位 カンドンソン・ソンインギョン(韓国)
三位 張祐瑄・張祐菘(台湾)/パクヒヨン・キムグクチン

女子ダブルス
一位 ムンヘ…

Soft Tennis homepageさんの投稿 2019年7月13日土曜日




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments