コリアカップ2018

日本男子三冠!!女子団体はワタキューが二度目

アンソン国際テニスセンター。2007年の世界選手権の為に大規模改修され大屋根がつけられた。室内クレー8面 室内ハード4面。

昨年同様、アンソンで開催された(13日〜16日)のコリアカップ2018。日本男子が3種目完全優勝。女子は個人戦2種目を韓国、団体は各国ナショナルチームをおさえてワタキューセイモアが2度目の優勝を遂げた。

開催国韓国U22中心で代表経験者は男子はキムジヌン(2015世界選手権、2018アジア競技大会)、キムボフン(2016アジア選手権)の二人。女子もNH BANKが出場しているがムンヘギョンの棄権で代表はゼロ、その他男女とも有力選手の参加はほとんどない。台湾もU21チームと若い。大会全体のレベルは低調だったといえる。

男子ダブルス

安藤は昨年に続く二位である(昨年は安藤・丸山)。ベスト4はほぼ同世代。

決勝

船水颯・上松(日本)5−1安藤・内田(日本)

準決勝

キムヒョンギュン・ユジョンミン(韓国)0−5船水颯・上松(日本)
チェジョンラク・ペクホンジョン2−5安藤・内田(日本)

準々決勝

ジョンジミン・キムボフン(韓国)2−5船水颯・上松(日本)

一回戦(決勝ラウンド)

キムヒョンギュン・ユジョンミン(韓国)4−2船水雄・九島(日本)

男子ダブルス全対戦結果

女子ダブルス

決勝

イミンソン・ハンスビン(韓国)5−4大槻・泉谷(日本)

大槻二連覇ならず(昨年小谷・大槻で優勝)。しかし泉谷とのダブルフォワードは見応えがあった。

イミンソン・ハンスビンともにNHBANK所属で慶北観光高出身。イミンソンがプロ2年目、ハンスピンは1年め。イミンソンが今年の春に比較しても成長した姿を見せた。

準決勝

徳川・黒木(日本)3−5イミンソン・ハンスビン(韓国)
大槻・泉谷(日本)5−1河村・松本(ワタキューセイモア)

女子ダブルス対戦結果(クリック)

女子シングルス

決勝

イムユリム(韓国)4-2ワンユフェイ(中国)

イムは名門慶北観光高校からムンギョンに入り3年目。21歳、まるで台湾選手のような天才肌、韓国女子としては異能の選手といえる。今年の代表選抜でも活躍。

準決勝

イムユリム(韓国)4−2尾上胡桃(日本)
ロウシュチン(台湾)1−4ワンユフェイ(中国)

準々決勝

イムユリム(韓国)4−0キムユジン(韓国)
大槻麗(日本)3−4尾上胡桃(日本)
ソヒョンジョ(韓国)3−4ロウシュチン(台湾)
チェスンヒョン(韓国)2−4ワンユフェイ(中国)

女子シングルス一回戦〜準決勝 全対戦結果はこちら

男子シングルス

 

決勝

上松俊貴(日本)2-4キムジヌン(韓国)

キムジヌンは世界選手権 アジア競技大会の2大大会のシングルスチャンピオン。上松大殊勲といえる。

準決勝

船水颯人(日本)1−4上松俊貴(日本)
キムジヌン(韓国)4−1イウンヨン(韓国)

準々決勝

船水颯人(日本)4−?ライユーチン(台湾)
キムボフン2−4上松俊貴(日本)
船水雄太(日本)0−4キムジヌン(韓国)
イウンヨン(韓国)4−0DHIMAN ROHIT(インド)

男子シングルス一回戦〜準決勝 全対戦結果はこちら

女子団体

女子団体優勝のワタキューセイモア。1実業団が各国ナショナルチームを凌駕したことになる。数年まえにも達成しており2度目、無論実力者揃い。韓国との縁も深い。それにしても女子団体で日本に勝った韓国Bは高校生主体と聞いたが、にわかに信じられない感じ(日本はナショナルチーム)。
決勝

韓国B 0-2 ワタキューセイモア

準決勝

韓国B 2- 中国
ワタキューセイモア 2- 韓国A

二回戦(準々決勝)

日本0−2韓国B
中国2−0モンゴル
台湾0−2ワタキューセイモア
フィリピン0−2韓国A

一回戦

パキスタン0−2韓国B
マレーシア0−2ワタキューセイモア
キリギスタン/ヴェトナム/カザフスタン0−2フィリピン

男子団体

決勝

日本 2−0 韓国A

船水颯・上松 5-3 キムヒョンギュン・ユジョンミン
船水雄 4-1 チェジョンラク

代表経験者3人とそれに準ずる2人の日本、代表ゼロの韓国 、力の差は歴然、その通りの結果となった。トップのダブルスは前日の個人戦でも対戦。5−0で日本ペアが勝利。ここでは韓国ペアが思い切りよく当たって競り合ったが・・・・。

準決勝

韓国A2−0モンゴルA
日本2−0韓国B

二回戦(準々決勝)

韓国A2−0モンゴル
パキスタン0−2モンゴルA
日本2−0フィリピン
韓国B2−1台湾

一回戦

韓国A2−0マレーシア
ベトナム1−2モンゴルB
モンゴルA2−0中国
日本2−0インド
カンボジア0−2フィリピン
韓国B2−0ラオス
モンゴル0−2台湾




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments