やはり楊勝發・李佳鴻が大本命か? 広州アジア競技大会注目選手 part 1

新世代のヴィルトゥオーゾ  リーチャーホンのバックスマッシュ

21
男子ダブルスディフェンディンデングチャンピオンの李佳鴻(リーチャーホン)。

大本命で臨んだ2006年ドーハ大会。楊・李としては国別対抗団体戦を含めて
全勝し、キャリアの頂点を築いた。

台湾国内予選では王・方に勝ち、本戦では中堀・高川、ジェボク・ヨンドンを連破、まさに世界のトップをすべてたおしたともいえるわけで、しかもきついマークを振り切ってのその勝利の価値は一層高い。

それ以降の国際大会では今ひとつの印象は拭えないが、間違いなく実力は確実にアップ、技術の切れはさらにすごみを増しており・・・・・

以下本文クリック




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments