ダブルフォワード前夜 10 YEARS AGO……………

ダブルフォワード元年はいつか?2003?2004?2005?それとも1985?
それを考えてみることはいろいろな意味で興味深く意味のあることだと考えるが、この話しは面白過ぎるし、長くなるので別の機会ゆずるとして、すくなくとも日本国内では2005年に入るまではダブルフォワードはみられることはなかったはずだ。2004年は年末にチェンマイでアジア選手権が開催された年であり、台湾は無論のこと、韓国もダブルフォワードで完全武装していた、が日本はいわば丸腰状態。さらにいえばチェンマイアジア選手権のコートサーフェースはハードだったが、代表選抜予選のそれは砂入り人工芝という牧歌的(?)な時代だった(ちなみに同年韓国はクレーで予選をおこなっている)。

この2004年大会の男子決勝は中堀・高川 vs.北本・齋藤の黄金カード。北本・齋藤は2000年のアジア選手権を最後に国際大会の舞台からは引いているが、国内大会では上位で活躍をつづけている(天皇杯では2002年準優勝、2003年3位)。この東京インドアでの対戦はこの両者の大舞台での最後の対戦だったはずである。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments