特集 2015世界選手権代表の技術『台灣代表 林聖發のネットプレー』

『篠原・小林戦のメイクマッチでのバックスマッシュに底知れぬ力を感じた。あの力が本物ならばトーナメントを勝ち抜く力は十分といえよう』

2012アジア選手権(嘉義+台湾)男子ダブルス準々決勝 vs.篠原・小林 での林士淳・林聖發
2012アジア選手権(嘉義+台湾)男子ダブルス準々決勝 vs.篠原・小林 での林士淳・林聖發

と3年前に私は書いた、東アジア競技大会のプレヴューにおいてだ。

その篠原・小林戦とは2012アジア選手権ダブルス準々決勝のことである。大会大本命の篠原・小林が伏兵といえる台湾の2番手林士淳・林聖發に準決勝を前に敗れ去ったのだ。

残念ながら、天津(2013東アジア競技大会)においてはその力をみることはできなかったが、今回はどうであろうか。

2年ぶりの代表復帰、若返った台湾チームなかでもっとも年長者である。

これはゲームが決した瞬間の表情。2012アジア選手権最大のアップセット
これはゲームが決した瞬間の表情。2012アジア選手権最大のアップセット





こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments