動画でみるソフトテニスの基本技術 趙士城のスマッシュ

台湾男子は2003世界選手権から2005年東アジア競技大会まで国別対抗団体戦で3年連続優勝を果たしているが、その時の中心選手である趙士城のジャンピングスマッシュ。

同時期の台湾には李佳鴻、劉家綸と恐ろしくパワフルな選手がいるので、パワーではさすがに遜色があるが、技術的にはむろん素晴らしい。

このパフォーマンスは2004年タイチェンマイで開催されたアジア選手権での練習風景。同大会で団体戦に優勝、ダブルスで準優勝。団体戦ではファンジョンハン・キムヒースー。個人戦では中堀成生・高川経生と韓国、日本のエースを破っている。

2004アジア選手権(チェンマイ)大会初日の夕刻におこなわれた国別対抗戦準決勝 台湾vs,日本で花田・川村と対戦する趙士城。

the Art Of Soft tennis

スーパースローモーションの世界

フォアハンド関連記事(動画中心)

バックハンド関連記事(動画中心)

韓流バックハンド

ボレー関連記事(動画中心)

スマッシュ関連記事(動画中心)

サービス関連記事(動画中心)

ダブルフォワード関連記事

ポーチボレーサンプラー

==================================================




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments