皇后杯 林田リコ・宮下こころが2年連続優勝 天皇杯は船水颯人・上松俊貴 全日本ソフトテニス選手権2018 熊本市

2018天皇 皇后賜杯 全日本ソフトテニス選手権 

平成最後の全日本。意外なことに初めて熊本で開催された全日本選手権。男女とも学生が優勝。
船水・上松は東日本に続く優勝。船水は全日本シングルスにも優勝しており単複二冠ということになる(代表予選、インカレ単も優勝)。

男女とも大学生が優勝するのは1昨年につづいて史上二回目。

男子で9回 女子で12回目となる。

ウィンブルドン実況でおなじみの森中アナによる林田・宮下のインタヴュー 日本ソフトテニス連盟HPより引用

皇后杯

決勝

林田・宮下(東女体・明治) 5−4 志牟田・泉谷(東芝姫路)

準決勝

林田・宮下(東女体・明治) 5−1 徳川・草野(ヨネックス・PALAISTRA)
森田・黒木(ヨネックス) 0−5 志牟田・泉谷(東芝姫路)

準々決勝

林田・宮下(東女体・明治)5−2 薮内・古田(関西大学)
徳川・草野(ヨネックス・PALAISTRA)5−0 田辺・小林(どんぐり北広島)
中川・芝崎(ナガセケンコー)4−5 森田・黒木(ヨネックス)
志牟田・泉谷(東芝姫路)5−1 植田・石井(ワタキューセイモア)

全対戦結果(日連サイト)

天皇杯

船水・上松 日本ソフトテニス連盟HPより引用
決勝

船水・上松(早稲田) 5−0 中本・鈴木(福井県庁)

準決勝

林田・柴田(ヨネックス) 0−5 船水・上松(早稲田)
中本・鈴木(福井県庁) 5−3 村田・広岡(NTT西日本)

準々決勝

内本・星野(早稲田) 1−5 林田・柴田(ヨネックス)
安藤・内田(早稲田) 4−5 船水・上松(早稲田))
村上・林(NTT西日本) 2−5中本・鈴木(福井県庁)
村田・広岡(NTT西日本) 5−2 桂・高月(ヨネックス)

全対戦結果(日連サイト)

地上波テレビ放映

放映日時: 10月 27日(土)
NHK Eテレ 14時~15時30分
解  説:中堀成生男子ナショナルチーム監督




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments