台湾男子に高校生?

lin台湾男子に16才の高校生がいるのですか?というメールがきた。なんのことかと思ったら、ガオラの放映で趙士城と林舜武が16才と紹介されたらしい。実際は趙士城は1982年生まれの23才の学生。林舜武も台湾体育学院(大学)の4年生で現在22才。いったいなんでこんなことになったのか。その原因は大会のパンフレットにあった。そこでは林舜武、林朝章、趙士城が1988年生まれと書いてあるのだ。まあこういう間違いはこの大会に限らずよくあるのだが、これだけ一国のなかでミスが集中したのは、しかも、それが台湾男子というもっとも重要なチームだったというのは不幸だったとしかいいようがない。
ちなみに劉家綸(1981生)、王俊彦(1980生)、李佳鴻(1983生)、林朝章(1982生)となっている(林朝章、劉家綸、李佳鴻は豊原高商出身、林朝章、劉家綸は同級、李佳鴻は一学年下)。最年長の王俊彦で25才。若いチームには違いないが、いままで何度もいっているように若返りを謀った(?)わけではない。
厳密な予選の結果、こうなったのである。
(画像は林舜武)




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments