世界選手権代表の技術 背走背面ショット!! 2013東アジア競技大会での柴田章平 The Art of Soft tennis

本年開催予定の世界ソフトテニス選手権日本代表に選出された柴田章平の背面ショット。

彼は過去2度 2008年アジアソフトテニス選手権(韓国ムンギョン)と2013東アジア競技大会(中国天津)に日本代表として出場している。
この背面ショットは東アジア競技大会開幕直前の練習時のパフォーマンス。
同大会では団体戦において、準決勝(韓国戦)では篠原・小林が敗れたあと、決勝(台湾戦)では長江の敗れたあとの増田とのペアでクローザとして登場し、いずれも勝利をおさめ、日本の2大会振りの優勝に大きく貢献した。
もっとも柴田自体のプレーは同じくクローザーとして戦った2008年アジア選手権の決勝のテニスの印象が忘れ難い。イゾンウのクロスをとことん追いまくり、結果的には敗れたとはいえ強烈な印象を残している。




コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments