世界選手権台湾代表(女子)

女子は昨年のメンバーがそのまま勝ち上がり

3月に始まったランキング戦(ダブルス/シングルスの計6回)の上位選手によるダブルス予選2回、シングルス予選2回の勝者がそのまま代表という、いつもながらもっともリアルな台湾の代表決定法。日本の代表選考もこうあるべきだと思う。

江婉綺は2大会振り3度目(2003、2007)の代表入り。3強(日本、韓国、台湾)の選手で2003年大会に出場したのは男女を通じて彼女だけである。
張文馨は3大会連続3度目。3強で2007大会に出た選手は男女を通じて江婉綺、張文馨、キムエーギョンの3人だけ。

鄭竹玲、陳翊佳、郭千綺の3人は2大会連続2度目の世界選手権出場。

予選の結果は以下のとおり

  • 鄭竹玲/陳翊佳(第一ダブルス予選一位)
  • 江婉綺/張文馨(第二ダブルス予選一位)
  • 詹佳欣(第一シングルス予選一位)
  • 郭千綺(第二シングルス予選一位)
TAIW5989ji
左上から
鄭竹玲、江婉綺、詹佳欣
陳翊佳、張文馨、郭千綺



こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments