1985年以来のチャンピオン不在・・・・世界選手権台湾代表 男子

全員が世界選手権初出場

陳宗彣

余凱文

林韋傑

林聖發

林佑澤

全智

昨年のアジア競技大会代表メンバーで今回も代表入りを果たしたのは林佑澤(2012より4年連続代表入り)ただ一人となった。林聖發、余凱文は2013東アジア競技大会以来の代表復帰となる。この3人が国際大会代表経験者であとの3人は初代表。

林韋傑は6月に高校を卒業したばかりで9月から大学生(台北體院)、全智はさらに年少で9月から高校3年生に進級(台中高農)。

世界選手権には全員が初出場。

1985年以来のチャンピオン不在・・・・

若いチームという点では台湾としてはそうめずらしくもないが、今回、特徴的なのは例年必ずいた(四大国際大会での)ゴルードメダリストがひとりも含まれていない、ということ。チャンピオン不在の台湾男子チームというのは、記憶に間違いがなければ1985年の世界選手権代表チームまで遡らねばならない。途方もない記録といえよう。

昨年代表の林鼎鈞・李佳鴻はランキング戦で上位に残ったが予選にはエントリーせず。賴立煌・何孟勳は予選敗退。


予選の結果は以下の通り

  • 陳宗彣/余凱文(第一ダブルス予選 一位)
  • 林韋傑/林聖發(第二ダブルス予選 一位)
  • 林佑澤(第一シングルス予選 一位)
  • 全智(第二シングルス予選 一位)

予選会はすべて嘉義港坪コート(2012アジア選手権開催地)で行わている。

TAIW4600
左上から
陳宗彣、林韋傑、林佑澤
余凱文、林聖發、全智



こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments