2大会連続でトップ通過・・・林鼎鈞 アジア競技大会台湾代表選抜戦

林鼎鈞 2014アジア競技大会台湾国家代表選抜戦より


李佳鴻とのペアで一位で台湾代表に。

2010年の広州大会代表選抜戦では劉家綸とのペアでトップ通過、つまり2大会連続でトップで予選通過ということになる。

国際初登場は2008年のアジア選手権。このときはシングルス予選での代表権獲得だった。2010、2011と劉家綸とのペアで代表。

2012はワイルドカードで個人戦のみ(後に張智翔の代表辞退で団体メンバーにくりあがるが出番はなかった)。

2013つまり昨年は予選通過ならず。レギュラーでの代表は3大会振りということになる。

彼がまだ高校生の頃からみているが、もうひとつとらえどころのない選手。

しかし広州大会団体決勝ではクローザーを務め中堀・高川相手に逆転勝ちをおさめ、台湾に3大会ぶり(16年振り!!)の金メダルを自身の手でもたらしている。今回の李佳鴻復活劇にも一役買ったわけで、なにかを持っているに違いない。




コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments