EAST ASIAN GAMES 2013 Men’s Singles FINAL KIM(KOR) vs. NAGAE(JPN)

第6回東アジア競技大会ソフトテニス(2013.10)  男子シングルス決勝 キムドンフン(韓国) vs. 長江光一(日本) 最終ゲームより 中国天津市




キムドンフンは2008アジア選手権、2011年世界選手権、2012アジア選手権で­金メダルを獲得した無敵のシングルス王者。その過去三度出場した四大国際大会において­個人戦では全勝、団体戦でも一度しか負けたことがない。

しかし、その一度の敗戦が20­12年のアジア選手権団体戦決勝2番シングルスにおけるvs.長江である。

この二人は­2011世界選手権で初対戦。この時は2度対戦(個人戦、団体戦)いずれもファイナル­でドンフンが辛勝。昨年のアジア選手権では長江が圧倒。今回が4度めの対戦となる。死­闘の末、勝利した長江はこの種目で日本に史上初の金メダルをもたらした。

シングルスが­国際大会に導入されて20数年、この動画は日本男子の屈辱の日々に終止符が打たれた瞬­間の記録である。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments