豪快そのもの チェン・アンチン)のフォアハンドトップ打ち 新世代のヴィルトゥオーゾ 

ソフトテニス 新世代のヴィルトゥオーゾ —現代ソフトテニスを代表する名手とその技—
簡安志(チェン・アンチン)のフォアハンド

 

以下本文より 〜非常に荒っぽく豪快であり、この画像のように、かけ声もろとも、ぶんぶんラケットを振り回してくる。前衛の劉家綸も賑やかなのでこのペアのゲームは非常にうるさい(?)。後述する黄晶煥・金煕洙戦では黄・金も同様ににぎやかなのでまるでお祭りのような楽しさだった。

このトップ打ちも豪快そのもの。練習だから、と思うかもしれないが、彼はゲームでもこうである。ベースラインの遥か後方からでもがんがん豪快にラケットを振り回す。大きなフォロースルーが実にすばらしい。

ここでは、上から叩き潰すという打ち方ではなくて、遠くへ飛ばそう(深いボールを打とう)という打ち方である。もちろん叩き潰すような打ち方もある。一口にトップ打ちといったって様々であることはいうまでもない〜 全文はこちら




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments