新世代のヴィルトゥオーゾ 高川経生のハーフボレー

ドーハで活躍が期待されるプレーヤー達 高川経生のハーフボレー

(〜前略(全文はこちら)〜)ハーフボレー。これは1994年のルール改正以降に重要度が増した技術である。あらゆるソフトテニスのスキルのなかで難易度のもっとも高いものであり、できるだけ、ハーフボレーを打たされるような局面には直面したくない。しかし、必ずそのような場面は訪れるのもまた現実?である。またハーフボレーはある意味究極のタッチプレーであり、テニスのセンスもおおいに問われるプレーである。(〜中略(全文はこちら)〜


1994年の広島大会、1998年のバンコク大会、2002年の釜山大会、そして今回の2006年ドーハ大会。ひとくちに4回といってもアジアオリンピックは四年に一度の開催であり足掛け12年ということになる。

ソフトテニスがアジア競技大会に正式種目として参加したのは1994年の広島大会からであるから、全部に出場していることになる。もちろん日本では高川だけである。韓国では劉永東(ユウヨンドン)のみ。台湾では北京(1990公開種目としての参加)から釜山まで出場した廖南凱(リャウ・ナンカイ)のみ。このビッグネームをみてもいかに偉大な記録かがわかるだろう。

以下 本文、動画、連続写真はこちらをクリック




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments