彼は過小評価されている?!キムドンフンのフォアハンドトップ打ち 新世代のヴィルトゥオーゾ アジア競技大会スペシャル



ダブルスに重心を移しつつあるが・・・

キムドンフン(ムンギョン)。アジア競技大会こそ初出場だが、4大国際大会には4大会連続5度目の出場。個人戦シングルスに三度優勝。今回出場している選手では単独トップ。

ダブルスには3度出場し、2008年にベスト8、2011年にベスト4、そして昨年東アジア五輪で銀メダルと着実に歩を進めてきた。
その東アジア競技大会(天津)では団体戦でもダブルスに専念し、予想通りダブルスに重心を移しつつある。ただその東アジアではダブルスで成果を出したとは言い難く、難しい時期をむかえているといえる。

ドンフンといえば史上最強ともいわれる強打が持ち味であり、それが現在のトレンド、そしてハードコートと齟齬をきたしているとみえなくもない。

無自覚の天才

彼はその豪打の陰にかくれているが抜群のテニスセンス、タッチの持ち主でもあり、つまりあきれるほどテニスが上手い。おそらくは出場選手中最高であろう。ただ本人もその才能の巨大さを自覚していない節がある。まわりもそうだ、この選手は過小評価されている。とさえいえる。TAIW6232

とにかくこの選手はもっと凄くなる、私はそうおもう。その為にはなんとしてもこのアジア競技大会で金メダルをとり、現役続行を決め無くては成るまい。

今大会での敗戦は近い将来の現役中断を意味し、その損失は彼自身にとどまらず、韓国球界いやソフトテニス界全体におよぶだろう。
maing




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments