『庭球界のイヨンデ』 男子三冠 キムボムジュン アジア競技大会

4日閉幕した第17回アジア競技大会(インチョン)。男子において出場した全種目(ダブルス、ミックスダブルス、団体戦)において全て優勝したキムボムジュン(韓国)。TAIW1043a

男子の三冠は2002年の第14回アジア競技大会でユウヨンドンが達成して以来3大会振り史上二人目の快挙ということになる。

ユウヨンドンの偉大さについてはいまさらいうまでもない。ボムジュンはそんな彼と記録上では並んだ事になる。これは率直にとんでもないことといっていいだろう。

今回の3冠だけではない。彼は2012アジア選手権、2013東アジア競技大会、そして今回と個人戦ダブルスで3年連続の決勝進出という快挙を達成した。これはヨンドンも達成していない。いや他の誰も達成していない記録である。

正直、記録が先行している感じはある。しかしその達成した記録が凄すぎて、まだまだこれからの人であるというのが逆にすごい、ともいえる。

ボムジュンはそのイケメンゆえ『ソフトテニス界のイヨンデ』と呼ばれている。イヨンデは韓国の生んだバドミントン界の世界的なスーパースター、そして超イケメンなのである。

イヨンデは北京オリンピックで金メダル(混)、ロンドンオリンピックで銅メダル(複)を獲得。

TAIW8112

キムボムジュン(韓国 ムンギョンシチョン所属)

国際大会には3大会連続3度出場。
2012アジア選手権ダブルス準優勝 団体準優勝
2013東アジア競技大会 ダブルス準優勝 団体3位
2014アジア競技大会ダブルス、ミックス、団体三冠
テグカソリック大学卒 (残念ながら?)既婚




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments