余凱文の基本ボレー 2015世界選手権代表の技術

ドンフンキラー?

世界選手権最終日国別対抗準決勝 対韓国戦のトップでキムドンフン・キムボムジュンに勝ち、3番でイスヨル・パクキュチョルを破った林・林とともに、大会終盤を大いに盛り上げた。

実は2013年の東アジア競技大会団体戦予選ラウンドでもドンフン・ボムジュンに勝っており、これで2連勝(トータル2勝1敗)ということになる。

ただ、この準決勝でのテニスは素晴らしかったが、全体としてはもう一つ、ボレーは素晴らしいが、スマッシュに迫力を欠く。他の3人は素晴らしいのに、彼のみ台湾らしからぬひ弱なスマッシュに終始。

繰り返すがボレーは素晴らしいと思う。この動画でもその誠実さはまるで韓国前衛のよう。今後スマッシュ力をどこまで上げえるか?TAIW6027




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments