バックハンドリターンからのドライブボレー 上松俊貴(日本) 第八回アジア選手権代表の技術 The Art of Soft Tennis

17年振り高校生代表 上松俊貴のリターンからのドライブボレー

連続写真編はこちら

17年ぶりの高校生代表 上松俊貴(岡山理大附属)のバックハンドリターンからのドライブボレー。2014年中山盃国際大会(台湾台中市)より。11月に開催された中山盃、直前にインドの世界ジュニアで船水颯人とのペアでU18ダブルスに優勝、一息つく間も無く台湾にのりこみ、ここでは船水雄太とのペアでダブルスに3位、平久保とのペアでミックス準優勝と活躍した。今から2年前ということで上松はまだ高校一年生。信じられないハイクオリティ!

中山盃ミックスダブルスでの平久保・上松
中山盃ミックスダブルスでの平久保・上松

アジア選手権関連情報はこちら 

第8回アジアソフトテニス選手権について

2003年に広島で開催された世界選手権以来13年ぶりに日本で開催される国際大会。アジア選手権が日本で開催されるのは2000年の佐賀大会以来4大会ぶり3度目。本来 第8回大会はインドネシアジャカルタ開催(ハードコート)が内定していたが、開催まで一年を切るというタイミングで2018年アジア競技大会の準備という理由でキャンセルされた。代替地の特定は混迷。当初ジャカルタと同じサーフェースであるハードコートの会場をとのことだったが、開催まで一年を切っていることもあり、断念。一昨年に全日本シングルスを開催した蘇我が浮上した経緯がある。日本ではポピュラーな砂入人工芝だが、海外ではほとんど普及しておらず、ソフトテニスの国際大会で使用されるのは1995世界選手権(岐阜)、2000アジア選手権(佐賀)、2001東アジア競技大会(大阪)と過去3度だけ、すべて日本開催時である。

第8回 アジアソフトテニス選手権大会


フクダ電子ヒルスコート(砂入人工芝 千葉市中央区川崎町1-5(JR蘇我駅)
11月17日(木):シングルス
11月18日(金):シングルス、ミックスダブルス
11月19日(土):ダブルス
11月20日(日):国別対抗団体戦

第七回嘉義大会第六回ムンギョン大会第五回チェンマイ大会第四回佐賀大会第三回バンコク大会第二回ジャカルタ大会第一回名古屋大会




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments