『キムボムジュンの深呼吸』アジア選手権嘉義大会(2012)を回顧!!

『キムボムジュンの深呼吸』アジア選手権嘉義大会(2012)を回顧!!

ミックスダブルス二回戦 鄭竹玲・何孟勳 vs.クォンランヒ・キムボムジュン(권란희・김범준)

2年後の2014年にアジア競技大会三冠に輝くキムボムジュン–김범준–の国際大会デヴュー戦である。一回戦のカザフスタンが棄権したので。いきなりシードである台湾の大将である鄭竹玲・何孟勳とあたるタフなドローとなった(鄭竹玲は2010アジア競技大会ミックスダブルスファイナリストである)。

oimg8427印象に残っていることがある。

私は撮影のために先にコート入りし、選手の入場を、雨を心配しながら、待っていた。やがて選手がコート入り、身支度を調えて、軽くストレッチしながら所定位置にむかうというルーチン。

ボムジュンは挨拶にむかうためにコートに足を踏み入れる際、私の目前で、大きく大きく深呼吸したのだ。

『さあいよいよアジア選手権がはじまるぞ。国際大会でのキャリアがはじまるぞ』、その緊張と決意が伝わるような印象的なシーンだった。

特別なシーンではない、トーナメント会場ではむしろ日常的なのだが、なぜか強烈にイメージが刻印された。

 

結局その試合にボムジュンは敗れるわけだが、その後の彼の活躍を考えるとなにか暗示的ではある。oimg8430
ボムジュンと何孟勳の対決、実は少し因縁めいてもいる


まずその最初の対戦から2日後の男子ダブルス決勝でも対戦。

この大会では何孟勳が2連勝と国際大会先輩格(何孟勳は前年の世界選手権が初代表)の貫禄をみせた。

2年後のアジア競技大会(インチョン)。

ペアは変わったが、やはりミックスの序盤戦(キムエーギョン・キムボムジュンvs.郭千綺・何孟勳)、と男子ダブルスの終盤、準決勝(キムドンフン・キムボムジュンvs.賴立煌・何孟勳)で対戦、結果は全くの逆となった。oimg8459oimg8362

oimg8451


第8回 アジアソフトテニス選手権大会

フクダ電子ヒルスコート 千葉市中央区川崎町1-5(JR蘇我駅)
11月17日(木):シングルス
11月18日(金):シングルス、ミックスダブルス
11月19日(土):ダブルス
11月20日(日):国別対抗団体戦




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments