ボムジュン代表落ちの意味・・・・代表独占のムンギョンが二冠(団体、ダブルス) 第55回大統領旗 男子

 

上画像は男子団体優勝したムンギョンのトップ(決勝戦)にでたムンテヨン(右)・キムキヒョ。イハヌル・リュテウ(スンチョン)に4−2で勝利。スンチョンのシングルスはキムドンフンであり絶対的存在といえるので、非常に重要な一勝といえる。

このペアで4月の国家代表選抜に優勝。自力で韓国代表(韓国ナショナルチーム)にはじめて入った。今年の代表は男女それぞれ10人、例年通りダブルス、シングルスとも念入りな予選を行い、一位と二位が自動で代表、残りを予選上位から選抜し、5月以降、断続的に強化合宿を行っている。
ムンテヨンは個人戦ダブルスでもキムボムジュンと組み優勝。二冠となった。
代表選抜戦ではシングルスも制したムンギョン。今年のナショナルチームはムンギョン単独チームである(史上初)

大統領旗優勝の意味 キムボムジュンのスマッシュ

男子ダブルスで優勝したキムボムジュン(김범준 ムンギョン)のスマッシュ(練習時)。

6年ぶりに代表落ち(代表選抜不出場)したが、すでに頂点を極めた彼にとって、大きな国際大会の無い今年、そのことにさほどの意味あるまい。

しかし今回のペアは年少のムンテヨン(24歳)。ドンフン以外でのペアでの優勝ということに、ボムジュンにとって、大きな意味を持つに違のではないか。何度も足がつるというアクシデントにもかかわらず戦う彼の姿にそんなことを考えた(5試合中、決勝以外の4試合がファイナルという厳しい戦い)。
ムンとのペアは昨年の国体にも出場している(初戦でファイナル負け)。

キムボムジュン
2014アジア競技大会 ダブルス、ミックスダブルス 団体優勝
2015世界選手権 ダブルス、ミックスダブルス準優勝
2013東アジア競技大会ダブルス準優勝
2012アジア選手権ダブルス準優勝




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments