注目の新ペアも!!アジア競技大会韓国代表選抜戦開催中 現地レポートスタート!!

アジア競技大会韓国代表選抜開催中!!(現地レポートスタート!!)

今夏インドネシアで開催されるアジア競技大会ソフトテニス競技の韓国代表選抜戦が韓国南部のスンチャンで昨日26日開幕した。
ご存知のように韓国は前回大会(2014)で七冠完全優勝(男子団体、女子団体 男子ダブルス 女子ダブルス 男子シングルス 女子シングルス ミックスダブルス)であり、その動向がもっとも注目されるといえよう。

26日、27日の両日でダブルス予選リーグを消化。明日から予選を突破した16組による双敗淘汰制の決勝ラウンド(ベスト16組)が始まる。ダブルスではこの台湾式決定戦を2回行い、その勝者がそのまま代表に(当然、2回目は一回目の勝者抜きの15組)。

ダブルス終了後はシングルス予選が同様の形式で開催。優勝者が代表に。

ダブルスとあわせて5名の代表が選抜される。

注目の新ペア

昨年の代表選抜戦に欠場し、その動向が注目されていたキムドンフン、キムボムジュン(前回チャンピオン)だが、ドンフンは一昨年の国体優勝者で大ベテランのキムキソン(チャンニョン)との新ペア。あっとおどろくペアリングである。

一方ボムジュンは、兵役から復帰しムンギョンに入団したジョンジヒョン(元タルソン)との学生時代(テグカソ)にペアに復帰。…

会場のスンチャン郡庭球場。従来ハード8面、室内クレー8面だったが、さらにハード6面が新設。画像はその新設されたハードコート。代表選抜戦は6年連続7度目の開催になる。



こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments