小林奈央 今後の日本の中心としてますます期待 東アジア競技大会プレヴュー

東アジア直前FBカヴァーフォト  小林奈央(日本)

3大会連続の代表選出。初登場は2011世界選手権。当時まだ高校生であり大抜擢だったが、いきなり個人戦シングルスでツォオレイ(2010アジア競技大会ゴールドメダル)破ってみせた。昨年のアジア選手権ではミックスダブルスに優勝、これは日本女子後衛として初である。また団体戦では劇的な試合で優勝を決めている。今後の日本の中心としてますます期待される選手。




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments