韓国史上単独トップの7度目の優勝 2015世界選手権女子国別対抗団体戦全対戦結果

尋常ならざる事態・・・

韓国が4大会連続7度目の優勝。

これは決勝後。
これは決勝後。

連勝の始まりは2003年大会で12年に及ぶ世界一ということになる。

7度の優勝は単独最多、2位は日本の6度。

連勝記録は日本が1981〜1991年に達成した5連覇(このころは2年毎の開催)。日本はその1991年に優勝して以来、杯に手が届いてない。にわかに信じがたいことだが、24年間(6大会)優勝がないのだ。尋常ならざる事態といえよう。“tss”-2015-12-01-22.22




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments