これが韓流だ!!キムヨンスク–김영숙–のバックハンド

2003年の世界選手権で大活躍したキムヨンスク–김영숙–のバックハンド。フォアハンド以上に自在なボール扱いをみせる名手中の名手である。

ひとつの流儀・・・

キムキョンリョンのフォームによく似ているが、ヨンスクはキョンリョンの高校(安城女子)、ぞして実業団での先輩にあたる。

特に似ている部分はテイクバックの部分、アッパーサキュラーの特徴的なスイングだ。同じ韓国でも農協の選手はこのようにはテイクバックはあまりしない(エーギョンのような例外もあるし。現在、韓国女子ではこのループ的なスイングが主流になりつつあるようにも見える)。

善し悪しではなく流儀とでもいおうか。ある韓国関係者は安城流、農協流みたいな言い方をしていた。

フォアハンドも同様であるが一口に韓流でくくるのは危険なのである。(キムチウンもアンソン出身であることも忘れてはならない。キムチウンはヨンスクやキョンリョンとおなじ安城女子高校。1年時に富山の国体強化に請われて日本に留学している)。

テイクバックが前に

そのいわゆる安城流の特異な点、テイクバックは高く前(グリップが顔の前にある[16])にとり、そこで”ため”をつくっていること。

いわゆるサーキュラーモーションであるが、注意することはフォワードスイングは直線的であり、かなり低い打点ながら単純なループスイング(ループドライブ)になっていない(つまりインパクト以前のラケット位置がボールより低い位置にあるわけではない)。

インパクトよりスイングは上昇に転じスピンが与えられているのである。フォワードスイング直前でも右肘がうしろにいきすぎない、しかも高い位置に保持されている(しめない)事に注目してほしい)。

一見してわかるとおりここでのキムヨンスクは、シンプルでムダのないスイングが素晴らしい。下半身の強さも賞賛されよう。

踏み込みはスクエア、よくいわれるような極端なクローズドスタンスをとっていないことにも注目してほしい。こうすることで身体の開きがおさえられ、前へ前へスイングされパワーとコントロールが両立されるのである。

左画像は2005東アジア競技大会(マカオ)でのキムヨンスク。
バックハンド関連記事はこちらをクリック

キムヨンスク–김영숙–韓国 アンソンシチョン(安城市庁)


2003年の世界選手権で国別対抗団体優勝、個人ダブルス3位の成績(準優勝の玉泉・上嶋に敗れた)を残した。

世界選手権直後に引退し結婚。1年後出産を経て、2005年に復帰、韓国代表選抜戦を勝ち抜き(シングルス)、2005東アジア競技大会(マカオ)で代表に返り咲いた




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments