第92回東亜日報杯(韓国ムンギョン)


第92回東亜日報杯(韓国ムンギョン)

男子ダブルス 

決勝 イゾンウ・キムキソン(チャンニョン)4-3チビョンウ・シンヒョングク(チャンニョン)

意外なことにチャンニョンの同士討ちとなったダブルス。イゾンウ・キムキソンは2012年の中山杯国際大会優勝ペア。


イゾンウは2005東アジア五輪、2008年アジア選手権代表。2008年には団体決勝でクローザとして優勝を決めている。

チビョンウは昨年までムンギョン所属だったがチャンニョンに移籍。ムンギョン時代は目立った活躍はなかったが、新天地で今年は大活躍、先月の代表選抜戦でもダブルス、シングルスともに上位に進出している。(画像は東亜日報HPより)

女子ダブルス イムスミン・チュオク(農協中央会)が優勝。

決勝 イムスミン・チュオク(農協)4−3キムボミ・ユンスジョン(アンソン)

イムスミンは3連覇。チュオクは5年振り(昨年までエーギョンとのペアで4年連続準優勝だった(エーギョンの怪我のため今回はイム・チュ組に)。(画像は東亜日報HPより)東亜日報杯(韓国 ムンギョン)で団体6連覇を果たした農協中央会チーム。この大会は歴史ある女子の大会だったが、近年男子の部も創設。団体戦ホームチームのムンギョンが優勝。

なおプロの部はクレーのメインコートではなくハードコートで行われている。

この写真は先月の代表選抜戦での農協チーム。




コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments