馮子瑜—-台灣高校王者忠明高中から初代表 アジア選手権台灣代表

中学時代は男子と練習したシングルススペシャリスト

アジア選手権台湾代表選抜女子シングルス一位の馮子瑜。臺北體院(臺北市立大学)所属。

現在台湾の全中運(台湾のインターハイ)で5連覇中の忠明高(臺中市立忠明高級中學)卒。同校は台中市雙十中の生徒が中心だったが彼女は屏東県の竹田國中の出身。同中学には女子部員が彼女一人だけ。そんな中で男子と一緒にトレーニングした。当然シングルス中心になる(3年時台湾一位)。個性的なマニッシュな風貌も納得だ。


忠明高中時代にはアゼリアカップで来日(上画像)、その時は前衛。しかし基本的にシングルススペシャリストといっていいだろう。

台中市にある忠明高中はアジア五輪ミックス銀メダリストで世界選手権ダブルス3位の周コーチ率いる新興。先に書いたように現在台湾インターハイで5連覇中、後壁(台南)、斗六(雲林)といった名門を凌ぐ活躍だが、馮子瑜はその忠明からの初代表ということになる。—ちなみに今回のチームでは斗六出身が2人(鄭竹玲、陳翊佳)、後壁出身が3人(郭千綺、徐語彤、張育瑋)となっている—

これは今年のシングルス予選より(周コーチ提供)
これは今年のシングルス予選より(周コーチ提供)




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments