台湾男子に異動 アジアソフトテニス選手権

台湾男子にやや複雑な異動が・・これは2名の辞退者がでたため(台湾において知る限りでは例のない事である)
辞退したのは以下の二名。
張智翔
劉家綸

張は団体メンバーなので影響は大きく、
シングルス予選で次点だった

郭家瑋(サウスポー 広州アジア競技大会団体決勝で楊・李が負けた後の2番シングルスにでて3番につないだ選手)

がBチームからAチームに繰り上がり。

郭家瑋 Bチーム(開催国ワイルドカード)からAチーム(団体メンバー)に繰り上がった。これで2010、2011、そして今年の3年連続の団体メンバーということになる
他のメンバーの紹介はこちらを参照のこと(クリック)

Bチームの2名欠員は以下の2名で補充。

王信智(後衛 後壁高中専任コーチ)
陳宗文(前衛 台北体育学院)

王はダブルス予選の次点、陳に関しては詳細は不明だがやはり予選会の上位からの繰り上がりと思われる。ともに四大国際大会は初出場。

王は今回あのリンシュウウとのペアで予選会に出場していた(ダブルス5位)。数年前までは名手イエイミンとのペアで台湾上位で活躍している。

劉家綸が出場しないのは極めて残念。Bとはいえ若い今回の台湾チームの精神的主柱であったのだが。

異動後の2012台湾男子アジアソフトテニス選手権代表。左上から賴立煌.何孟勳、林士淳、(左下)林聖撥、林佑澤、郭家瑋




こちらの記事もどうぞ(関連記事)

コメントをどうぞ

comments

Powered by Facebook Comments