2010廣州亞運會 Guangzhou Asian Games
アジア競技大会 ソフトテニス競技スケジュール 
11月13日 国別対抗団体戦 14日 国別対抗団体戦 15日 ミックスダブルス 16日 シングルス予選リーグ 準々決勝 17日 シングルス準決勝 決勝 18日 ダブルス 19日 ダブルス準決勝、決勝  中国広東省広州市天河網球学校網球場   大会基本情報(クリック)

注目 日本ソフトテニス連盟TV(クリック)
   日連プロデュースによる動画サイト。各地で開催される大会、講習会等が動画で紹介される。必見!

主要大会日程   スペーサーマーク アジア競技大会 ASIAN GAMES 2010 11月13−19日 中国広州市天河網球学校  2010主要大会日程

 ミズノ ミズノは日本代表(男子・女子)のオフィシャルサプライヤーです。
サイト内検索(google)
[新世代のヴィルトゥオーゾ(トッププレイヤーの動画とその解説)]フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15][16][17][18]  バックハンド [1] [2][3]  サービス [1] [2] [3] [4] [5] ドライブボレー [1] [2] フォアボレー [1] [2] バックボレー [1] [2] [3] [4] [5] [6] ローボレー [1] [2] スマッシュ [1] [2][ダブルフォワード] [サービスリターン]
動画でみるソフトテニスの基本技術 ---フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
[17]
ロビング [1] [2] バックハンド [1] [2] [3] [4] [5][6]  サービス [1] [2] [3] [4][5] カットサーブ [1] フォアボレー [1] [2] [3] バックボレー [1] [2] [3] ハイボレ− [1] スマッシュ [1] [2] [3] サービスリターン [1] [2][3][4][5][6][]
[リンク][日本ソフトテニス連盟][日本ソフトテニス連盟TV] [Digital Archive][国際大会][アジア競技大会][世界選手権][東アジア競技大会][アジア選手権][HEAD TO HEAD JPN vs, KOR vs. TPE ][Players][天皇杯][皇后杯][全日本シングルス男子][全日本シングルス女子][イラストレイテッド][テニスコートガイド][YOUTUBE]  
全日本ランキング[男子ダブルス][男子シングルス][女子ダブルス][女子シングルス][社会人]
カテゴリー検索 [連盟] [クラブ] [大学] [高体連] [中体連] [ジュニア] [国体] [インターハイ] [動画] [スポーツ科学] [スポーツ傷害、健康] [ドーピング] [テニス肘] [トレーニング] [食事、栄養] [硬式テニス] [相互リンク] [cool !!][ランダムジャンプ]  
地域情報[北海道] [東北] [関東] [北信越] [東海] [近畿] [中国] [四国] [九州] [メール] [リンク希望の方はこちらをクリック]  
[現在入手可能なソフトテニスの本(新庭球書房) ][新刊][VIDEO ARCHIVE][BACK NUMBER]
ソフトテニスについて詳しく知りたい!--->[エンサイクロペディアソフトテニス] [ソフトテニス関連本]
天皇賜杯皇后賜杯全日本選手権 中堀成生・高川経生(NTT西日本広島) 
中堀成生高川経生
皇后賜杯全日本選手権 佐々木舞・大庭彩加(NTT西日本広島)
佐々木舞大庭彩加
 
国体 成年男子 神奈川 成年女子 東京 少年男子 宮城 少年女子 福岡
JOC杯全日本ジュニア[広島市連HP]
全日本社会人速報 男子決勝 篠原・小林(日体大桜友会・ミズノ) 4-3 稲積・塩嵜(日体大桜友会・東京電力)/女子決勝 上原・平田(ナガセケンコー) 4-0 深澤・宮下(東芝姫路)[埼玉県連HP]
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

庭球書房に新刊
現在入手できるソフトテニスの本

 
 
ASIAN GAMES2010 アジア競技大会(広州)特集!!
絶美のフォアハンド ヤンシェンファ(台湾)広州アジア競技大会注目選手 part 4
今回の日本、韓国、台湾の男子代表のダブルスペアはすべてダブルフォワードスタイルといっていい。また全ペアが本来ベースラインプレーヤーである選手とネットプレイヤーである選手の組み合わせだ。そのベースラインプレーヤーのなかでもっとも優れたネットプレー技術を持つのがこのヤンである。もはや後衛の余技をこえ、本格的な前衛技術であり、それどころか凡百のネットプレイヤーを遥かにしのぐテクニックとそのバリエーションがある。それがやはり楊勝發・李佳鴻が大本命と書いた要因の一つである。以下本文
個人制覇なるか? 中堀成生 広州アジア競技大会注目選手 part 2 
〜中堀・高川の名前はもちろん韓国、台湾のライバル国にもとどろいていて、それどころか彼らに対するリスペクト足るや日本人の想像を絶している〜全文はこちら

やはり楊勝發・李佳鴻が大本命か? 広州アジア競技大会注目選手 part 1

李佳鴻男子ダブルスディフェンディングチャンピオンの李佳鴻(リーチャーホン)。大本命で臨んだ2006年ドーハ大 会。楊・李としては国別対抗団体戦を含めて全勝し、キャリアの頂点を築いた。台湾国内予選では王・方に勝ち、本戦では中堀・高川、ジェボク・ヨンドンを連 破、まさに世界のトップをすべてたおしたともいえるわけで、しかもきついマークを振り切ってのその勝利の価値は一層高い。それ以降の国際大会では今ひとつ の印象は拭えないが、間違いなく実力は確実にアップ、技術の切れはさらにすごみを増しており、史上初の個人戦2連覇(2大会連続優勝)はおおいにあり得る とおもう。韓国のペウオンソン・キムテジュン、日本の中堀成生・高川経生とこの楊勝發・李佳鴻が男子の3強といっていいだろう・・以下本文

アジア競技大会韓国代表 
---大本命 ペウオソンン・キムテジュン---初出場 イヨン・チヨンミン---謎の男 イヨハン---現在無敵 キムエーキョン・チュオク---1995世界チャンピオンが復活---キムキョンレン2大会連続出場---
およそ一年ががりで開催されるアジア五輪韓国国内予選。その最終戦が日本の予選に先立つこと2週間、およそ8日間にわたり、韓国南部の小都市スンチャンで開催された。最終予選はダブルス予選ラウンド、ダブルス代表決定戦 1、ダブルス代表決定戦2、シングルス予選ラウンド、シングルス代表決定戦と5つのフェーズに別れる。ダブルス代表決定戦1にすすめるは12組。ダブルス代表決定戦2は1の敗者11組。シングルス代表決定戦も12人。その三つある代表決定戦は台湾式の双敗淘汰制トーナメントでおこなわれる。この方式は文字通り二敗した者から脱落(淘汰)していき一組を除き全ての組が二敗するまで試合を繰り返す、究極といっていいスタイル。とにかく一瞬たりとも弛緩することなく、メンタル、体力の限界まで試されるおそしくタフな戦いになる。大韓庭球協会は台湾を参考に2007年より、国際大会の予選会にこのスタイルを導入している。左画像は男子ダブルス予選を全勝で優勝したペ・キム。詳細はこちら
男子 イチョン市庁ダブルス予選ワンツーフィニッシュ
ペウウオンソン(イチョン) キムテジュン(イチョン) イヨン(イチョン) チヨンミン(イチョン) イヨハン(テグカソリック大学)
女子 世界チャンピオンパクスンジョン15年ぶりの代表復帰!!
キムエーキョン(農協中央会) チュオク(農協中央会) クォンランヒ(沙下区庁) パクスンジュン(スゥオン市庁) キムキョンレン(安城市庁)
ペウオンソン・キムテジュン キムエーキョン・チョオク
イヨン・チヨンミン クォンランヒ・パクスンジョン
キムテジュン
左上から
キムテジュン ペウオンソン イヨン
チヨンミン、イヨハン

キムエーキョン、チュオク
パクスンジョン、クォンランヒ・キムキョンレン

以上アジア競技大会韓国代表
 
どこまで世界と渡り合えるか?篠原・小林のダブルフォワード 広州アジア競技大会注目選手 part 3 
sinogara篠原の国際大会登場は2005東アジア競技大会(マカオ)からのことで、以降5大会連続で代表に進出している。ご存知のように日本男子は2006アジア競 技大会(ドーハ)、2007世界選手権(アンソン)と団体戦に優勝しているが、2006は日本男子悲願のアジア五輪初優勝、2007の世界選手権もアウ エーということではなんと1981年ハワイ大会以来の優勝となる(アウエーの国際大会団体優勝は1992ジャカルタアジア選手権以来)。それほど現在の国 際大会で勝つことは至難なのである〜全文はこちら
アジア競技大会直前特集
 大会前哨戦 日本 vs. 台湾(2010チャイニーズカップ)
大会前哨戦 チャイニーズカップ国際大会 日本 vs. 台湾。前回ドーハー大会で決勝を争った2国のナショナルチームの激突。日本(中堀、中本、稲積、鹿島、高川)。台湾(楊勝發、李佳鴻、郭家?、、林鼎鈞)。今年のチャイニーズカップは11月のアジア競技大会のリハーサル大会として同会場(広州市天河網球学校)を使用して開催された。その時点で日本は篠原・小林(5月の予選会優勝者)以外の代表は決定しておらず、代表最終候補として中堀・高川を含めた10人が参戦し二チームにわかれて団体戦に臨んでいる。一方台湾は5月にすべての代表が決定しており、このチャーニズカップ出場者がそのままアジア競技大会の代表になる。
NO.1 Doubles [G1][G2][G3][G4][G5][G6][G7][G8][G9] Singles{G1][G2][G3][G4][G5][G6][G7] No.2 Doubles[G1]
アジア五輪ソフトテニス台湾予選 劉家綸(リュウチャルン) トップで予選通過!!
 2大会ぶり2度目のアジア五輪出場決定
台湾(中華台北)はアジア競技大会のディフェディングチャンピオン。前回(2006ドーハ)大会において7種目中3種目に優勝(男子シングルス、男子ダブルス、女子シングルス)している。今回も優勝最右翼の呼び声が高い。その代表注目の選考は例年通り3度の決定戦(ダブルス2回、シングルス1回)をおこなうというシンプルなもの。それぞれの優勝者をそのまま代表に決定と実にわかりやすい。選抜方式は台湾式双敗淘汰制トーナメント(ツーダウンスタイルノックアウトトーナメント。 ーーー>詳細はこちら。
劉家綸 ソフトテニス 台湾代表 林鼎鈞 ソフトテニス 台湾代表 楊勝發 ソフトテニス 台湾代表
左上から
劉家綸、林鼎鈞、楊勝發
李佳鴻、郭家?、

韓佳玲、張文馨
朱芸萱、江婉綺、鄭竹玲

以上アジア競技大会台湾代表
特報 アジア五輪ソフトテニス日本代表決定!!
 高川経生 5大会連続(1994〜)出場の偉業達成!

高川経生 ソフトテニス男子 篠原秀典(日体大桜友会) 小林幸司(ミズノ) 中堀成生、高川経生(NTT西日本広島) 中本圭哉(学連-早稲田)

女子 杉本瞳、森原可奈(東芝姫路) 佐々木舞、大庭彩加(NTT西日本広島) 上原絵里(ナガセケンコー)

11月に中国広州市で開催されるアジア競技大会日本代表は男女それぞれ5人。すでにお伝えしたとおり5月にオープン予選が開催され、男子は篠原・小林(日 体大桜友会・ミズノ)、女子は杉本・森原(東芝姫路)が優勝し、代表入りをきめた。残りの男女それぞれ3名はナショナルチームのなかから選抜されることに なっており、数度の合同合宿等をへてメンバーを絞り込み、本日(26日)、日本ソフトテニス連盟より栄えある代表(現時点は候補)が発表された。--->詳細はこちら(クリック)

ソフトテニス 篠原秀典 ソフトテニス 小林幸司 ソフトテニス 中堀成生
ソフトテニス 高川経生 左上から
篠原秀典、小林幸司、中堀成生
高川経生、中本圭哉
杉本瞳、森原可奈
佐々木舞、大庭彩加、上原絵里

以上アジア競技大会日本代表
ソフトテニス 中本圭哉
ソフトテニス 杉本瞳 森原可奈 ソフトテニスアジア競技大会代表
ソフトテニス 大庭彩加 アジア競技大会ソフトテニス 上原絵里
 
 
 
ign="top">
 
 
 
[更新情報(ブログ)][Site MAP][掲示板] [ゲストブック] [リンク] [メール]  ソフトテニスビギナーズガイド --->[これだけは知っておきたい基本用語] --[超初心者のためのゲームの進め方]
 
Soft Tennis WEBSITE