注目 日本ソフトテニス連盟TV(クリック)
   日連プロデュースによる動画サイト。各地で開催される大会、講習会等が動画で紹介される。必見!

 

ミズノは日本代表(男子・女子)のオフィシャルサプライヤーです。
サイト内検索(google)
[新世代のヴィルトゥオーゾ(トッププレイヤーの動画とその解説)]フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]  バックハンド [1] [2][3]  サービス [1] [2] [3] [4] [5] ドライブボレー [1] [2] フォアボレー [1] [2] バックボレー [1] [2] [3] [4] [5] [6] ローボレー [1] [2] スマッシュ [1] [ダブルフォワード] [サービスリターン]
動画でみるソフトテニスの基本技術 ---フォアハンド [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12][13][14][15][16] ロビング [1] [2] バックハンド [1] [2] [3] [4] [5][6]  サービス [1] [2] [3] [4][5] カットサーブ [1] フォアボレー [1] [2] [3] バックボレー [1] [2] [3] ハイボレ− [1] スマッシュ [1] [2] [3] サービスリターン [1] [2][3][4][5][6][]
[リンク][日本ソフトテニス連盟][日本ソフトテニス連盟TV] [Digital Archive][国際大会][アジア競技大会][世界選手権][東アジア競技大会][アジア選手権][HEAD TO HEAD JPN vs, KOR vs. TPE ][Players][天皇杯][皇后杯][全日本シングルス男子][全日本シングルス女子][イラストレイテッド][テニスコートガイド][YOUTUBE]  
全日本ランキング[男子ダブルス][男子シングルス][女子ダブルス][女子シングルス][社会人]
カテゴリー検索 [連盟] [クラブ] [大学] [高体連] [中体連] [ジュニア] [国体] [インターハイ] [動画] [スポーツ科学] [スポーツ傷害、健康] [ドーピング] [テニス肘] [トレーニング] [食事、栄養] [硬式テニス] [相互リンク] [cool !!][ランダムジャンプ]  
地域情報[北海道] [東北] [関東] [北信越] [東海] [近畿] [中国] [四国] [九州] [メール] [リンク希望の方はこちらをクリック]  
[現在入手可能なソフトテニスの本(新庭球書房) ][新刊][VIDEO ARCHIVE][BACK NUMBER]
全日本インドア出場選手
ナショナルチーム新ウエア完成。

社会人学生対抗出場選手(東海連盟HP)

2010東京インドア出場選手(12.2追記選手変更)
YONEX CUP国際札幌大会 男子 稲積・井口(学連-日体大) 女子 上原・平田(ナガセケンコ−)
競技者育成プログラムStep-4・第4回ソフトテニスジュニアジャパンカップ[大会結果掲示版]
総理大臣杯全日本学生選抜インドア 男子 丸山・渡邉(日体大) 女子 安川・渕田(早稲田)
NH OPEN INTERNATIONAL
女子シングルス優勝 上原絵里(日本 ナガセケンコー)
女子ダブルス優勝 佐々木・大庭(日本 NTT西日本広島)
男子シングルス優勝 ホキョンジン(韓国 光州東区庁)
男子ダブルス優勝 ヒョヨンウン・キムテジュン(韓国 利川市庁)
男子ダブルス準優勝 中堀・高川(日本 NTT西日本広島)
女子ダブルス準優勝 杉本・中川(日本 東芝姫路・ナガセケンコー)
待望の新刊!

庭球書房に新刊
現在入手できるソフトテニスの本

 
 
第一回国際ジュニア速報
三重県四日市市四日市ドーム
19日夜より日本ソフトテニス連盟TVで動画公開!!
シングルス(20,21)
日本女子3種目完全優勝
男子は日本(U18)、韓国(U21)、台湾(U15)でメダル分け合う。

右画像はキムエーキョンを4-1で下し、U21に優勝した安川

U15男子
優勝 リン(TPE)
準優勝 チェン(TPE)
決勝 リン(台湾)4-0チェン(台湾) 準決勝 塩田(日本)3-4リン(台湾) チェン(台湾)4-0今田(日本) 準々決勝 イ(韓国)1-4塩田(日本) リン(台湾)4-3玉置(日本) チェン(台湾)4-2山口(日本) KHABIBULIN(カザフスタン)0-4今田(日本)
U15女子
優勝 横山(JPN)
準優勝 花(JPN)
決勝 横山(日本)4-0花(日本) 準決勝 西村(日本)0-4横山(日本) 花(日本)4-1下田(日本) 準々決勝 クォ(台湾)0-4西村(日本) 中山(日本)2-4横山(日本) 花(日本)4-1林(日本) 下田(日本)4-2チェ(韓国)
U18男子
優勝 桂(JPN)
準優勝 林田(JPN)
決勝 林田(日本)1-4桂(日本) 準決勝 林田(日本)4-0萩原(日本) 桂(日本)4-2巽(日本)準々決勝 林田(日本)4-1チャン(台湾) 内山(日本)0-4萩原(日本) イ(韓国)2-4桂(日本) 巽(日本)4-2リャオ(台湾)
U18女子
優勝 佐藤(JPN)
準優勝 藤崎(JPN)
決勝 佐藤(日本)4-2藤崎(日本) 準決勝 小林(日本)1-4佐藤(日本) 藤崎(日本)4-2前田(日本) 準々決勝 イム(韓国)1-4小林(日本) 佐藤(日本)4-2大月(日本) チェン(台湾)3-4藤崎(日本) チェ(韓国)0-4前田(日本)
U21男子
優勝 ジョン(KOR)
準優勝 キム(KOR)
決勝 チョンジホン(韓国)4-1キムドンフン(韓国) 準決勝 キムボムジュン(韓国)0-4チョンジホン(韓国) 鹿島(日本)0-4キムドンフン(韓国) 準々決勝 チャン(台湾)2-4キムボムジュン(韓国) チョンジホン(韓国)4-1後藤(日本) 鹿島(日本)4-1村上(日本) 井口(日本)2-4キムドンフン(韓国)
U21女子
優勝 安川(JPN)
準優勝 キム(KOR)
決勝 キムエーキョン(韓国)1-4安川(日本) 準決勝 キムエーキョン(韓国)4-1宮下(日本) ~田(日本)2-4安川(日本) 準々決勝 水松(日本)3-4キムエーキョン(韓国) 宮下4-0キムミヨン(韓国) イセルビ(韓国)1-4~田(日本) 安川(日本)4-0クオ(台湾)
ダブルス 日本5種目に優勝!!
 
U21男子ダブルス 鹿島・中本(日本)
U21女子ダブルス キムエーキョン・キムミヨン(韓国)
U18男子ダブルス 桂・内山(日本)
U18女子ダブルス 小林・佐藤(日本)
U15男子ダブルス 塩田・工藤(日本)
U15女子ダブルス 横山・下田(日本)
 
NongHyup 2009 International Softtennis Tournament in Gumi KOR
results
GOLD
SILVER
BRONZE
men's
singles
HEO Kyung-Jin
(KOR)
PARK Kyu-Hee
(KOR)

LHAGVASUREN
(MGL)

LIN Ting-Chung
(TPE)
women's
singkes
UEHARA Eri
(JPN)
LEE Jae-Eun
(KOR)
TAKASAGO
(JPN)
NAKAGAWA
(JPN)
men's
doubles
HEO Yong-Wonn /
KIM Tae-Jung
(KOR)
NAKHORI Shigeo/
TAKAGAWA Tsuneo
(JPN)
LEE Yeon /
JI Yong-MIn
(KOR)
HAN Jae-Won/
YANG-Jin-Hwan
(KOR)
women's
doubles
SASASKI Mai/
OHBA Ayaka
(JPN)
NAKAGAWA Shizuka /
SUGIMOTO Hitomi
(JPN)
KIM Ae-Kyung/
JOO Ok
(KOR)
KIM Hye-In /
NAM Hye-Yeon
(KOR)
シングルス 上原 ダブルス 佐々木・大庭 日本女子完全優勝!!
 男子 単複とも韓国が制す!中堀・高川が準優勝(決勝4-5)
速報!! 日本女子完全優勝
 ダブルス 佐々木・大庭 シングルス 上原絵里
 中堀・高川は準優勝
第三報 上原、キョンレン破る大殊勲。決勝へ進出(女子シングルス)

大会4日目13日は雨、室内クレー3面に移動し、シングルス決勝トーナメント一回戦〜準決勝が行なわれた。

上原vs.キムキョンレン

日本女子は順調に勝ち進み、中川、上原、そしてワタキューセイモアの高砂がベスト4に進出。なかでも準々決勝で安城市庁のキムキョンレン(アジア選手権シングルスチャンピオン)を3ー1で下した上原の健闘が光る。打倒キョンレンは日本女子の悲願ともいえることだからである。なにせキョンレンは国際大会の団体戦における日本戦で5勝0敗なのである。この日中本監督は誕生日を迎えたが最大のプレゼントとなった。

男子でただひとり決勝トーナメントに進んだ松口。一回戦でポーランドの19才アレックスにまさかの敗戦。注目のキムドンフンも高校生に敗れベスト16どまり。決勝は光州東区庁のホ、陰城市庁のパクの韓国勢同士の対戦となる。

14日は大会最終日 ダブルスの準決勝、決勝 シングルスの決勝が行なわれる。決勝戦はKBS(韓国国営放送)で生中継される予定。

  決勝進出を決めたホ。2007世界選手権の3位の実力者。 3位のラワグスレン(モンゴル)。松口を破ったアレックス(ポーランド)に辛勝。
台湾のリン。ディフェンディングチャンピオンのペ(利川市庁)に快勝し3位。 決勝に進出したパク(陰城市庁)。国際大会は未出場。 韓国農協中央会のイ。韓国はベスト4に1と意外な展開になった。
3位の中川。    
高砂(ワタキューセイモア)。杉本を下し、ベスト4に。ユニークなカットサーブの持ち主。   松口を破ったポーランドのアレックス。長身からのサーブ。柔らかいタッチからの多彩なストロークが素晴らしい。歴史的勝利といえるだろう。準々のモンゴル戦も競り合い惜敗。
ダブルス(19)
日本5種目に優勝

右画像はU18女子優勝の佐藤(日本)。すでに皇后杯ファイナリストの実績がある。

U15男子
一位
二位
三位
決勝 今田・山口(日本)4-5塩田・工藤(日本)
準決勝 今田・山口(日本)5-0GABOD/MANDAKHBAYAR(モンゴル) 村田・玉置(日本)1-5塩田・工藤(日本)
U15女子
一位
二位
三位
決勝 横山・下田(日本)4-5チェ・チェ(韓国) 準決勝 横山・下田(日本)5-2花・中山(日本) 西村・林(日本)4-5チェ・チェ(韓国)
U18男子
一位
二位
三位
決勝 萩原・土井(日本)1-5桂・内山(日本) 準決勝 リャオ・チェン(台湾)0-5萩原・土井(日本) 桂・内山(日本)5-3ベ・イ(韓国)
U18女子
一位
二位
三位
決勝 小林・佐藤(日本)5-0イム・チェ(韓国) 準決勝 横山・大槻(日本)3-5小林・佐藤(日本) イム・チェ(韓国)5-2前田・藤崎(日本)
U21男子
一位
二位
三位
決勝 キムドンフン・キムペボムジュン(韓国)0-5鹿島・中本(日本) 準決勝キムドンフン・キムボムジュン(韓国)5-1石川・井口(日本)  チョンジホン・パクサンミン(韓国)4-5鹿島・中本(日本)
U21女子
一位
二位
三位
決勝 キム・キム(韓国)5-3イ・イ(韓国) 準決勝 キム・キム(韓国)5-3安川・宮下(日本) イ・イ(韓国)5-2クオ・チャン(台湾)
開会式(18日)
18日開会式 19,20、21日競技(種目 21才以下男子ダブルス、同女子ダブルス、18歳以下男子ダブルス、同女子ダブルス、15才以下男子ダブルス、同女子ダブルス 21才以下男子シングルス、同女子シングルス、18歳以下男子シングルス、同女子シングルス、15才以下男子シングルス、同女子シングルス) 
 
プレヴュー
アジアチャンピオン キムドンフンのフォアハンドバックハンド
国際ジュニアプレヴューに代えて・・3 2008アジア選手権男子シングルスチャンピオン キムドンフン、今回の国際ジュニア出場選手では男女を通じ、ただ一人の4大国際大会個人戦優勝者。 男子の中心である。砂入り人工芝でどこまでその実力を発揮できるか? →フォア →バック
頑張れ日本!井口中本のバックレシーブ 動画でみるソフトテニスの基本技術
国際ジュニアプレヴューに代えて・・2 現在の日本のU21は極めて充実している。特に男子はU21 6人全員が全日本のベスト4経験者だ。日本の未来は明るい!?そんな期待の日本代表たちから、→井口雄一(日体大)、→中本圭哉(早稲田) そしてU18に出場する→巽慎也(高田商)のバックレシーブを。
キムエーキョンのレシーブアタック 動画でみるソフトテニスの基本技術
国際ジュニアプレヴューに代えて・・・今回(国際ジュニア)の目玉といえる選手である(U21)。すでにフル代表に2回選出。そのいずれも団体優勝を経験。それどころか2大会連続対日本の大将戦に圧勝している。個人タイトルこそないが、負けた相手はすべて韓国、つまり4大国際大会では他国相手に一度も負けたことがない、ダブルスもシングルスもだ。チウン、キョンレンに続く日本にとっての大きな壁となりつつある選手である。正直ジュニアの大会にでてくるような選手ではないとさえいえるだろう。・以下クリック
YONEX CUP 国際札幌大会 速報
男子 決勝 稲積・井口4-3鬼頭・川村 準決勝 鹿島・中本1-4稲積・井口 中堀・高川0-4鬼頭・川村 予選リーグ(主要対戦) 李・池(韓国)2-4鹿島・中本  稲積・井口4-1古賀・村上 中堀・高川4-0林田・巽 楊・李(台湾2-4鬼頭・川村  女子 決勝 中川・阿部1-4上原・平田 準決勝 長・渡邊3-4中川・阿部 東田・藤本0-4上原・平田 予選リーグ(主要対戦) 杉本・森原0-4長・渡邊 中川・阿部4-0姜・権(韓国) 東田・藤本4-1周・朱(台湾)  東田・藤本4-2逢野・海江田 上原・平田4-0安川・渕田
 
国際札幌大会(11月29日) 海外招待選手
改名されて早くも10回を数える同インドア。数々の海外名選手を招待してきた。本年の顔ぶれも誠に素晴らしい。日本からも中堀・高川、鹿島・中本、上原・平田ら超一流の面々が参戦。
台湾 左から楊、李、周、朱。楊(ヤンシェンファ)・李(リーチャーホン)は2年連続3度目の札幌登場。昨年はヤンセヒョン・アンドンイルに敗れて準優勝。日本の相手の連勝は続いているが、最近韓国相手に連敗中。むろん台湾国内では無敵。来年に迫ったアジア五輪、その男子ダブルスのデフェンディングチャンピオンだ。周・朱は今年のチャイニーズカップチャンピオン。周(チョウチュウピン)はたしか2003年以来、2度目の登場。世界選手権での2度の個人戦3位(2003ミックス、2007ダブルス)。アジア五輪でのミックス銀メダルの実力者。実に美しいオーソドックスなテニスは比類がない。その周とペアを組むのが朱。学生王座での来日がある長身の前衛。

韓国 左から李。池、権、姜。李・池は今年の韓国国体ダブルス優勝。ふたりとも代表経験こそないが、まぎれもなく韓国トップペアの一組だ。とくに李淵(イヨン)は大統領旗に何度も優勝した実力者。代表経験のないのが実に不思議だ。シングルスにもダブルスにも力を発揮するマルチプレイヤー。池(チヨンミン)は公州大学時代から活躍する中堅前衛。学生時代にはチェボンクォンとのペアでアジア五輪最終6組に残ったことがある。ともに利川市庁所属。権(クォンランヒ)は昨年のアジア選手権出場。シングルス3位。姜(カンヒュンヂュ)は長身の新人前衛、ちからは未知数。釜山沙下区庁所属。同実業団は利川市庁とともに今年の大統領旗に団体優勝している。

 

[浅川・小峯vs.鹿島・中本][石川・中本vs.イウアナハク・キムジュンユン][中堀・高川vs.イウアナハク・キムジュンユン][ヤンシェンファ・リーチャーホンvs.鹿島・塩嵜][中堀・小林vs.リンチャオチン・リュウチャルン][リンチャオチン・リュウチャルンvs.菅野・佐々木][浅川・小峯vs.花田・川村][園田・村中vs.ワンチュンエン・イエチャリン][花田・川村vs.ワンチュンエン・イエチャリン][キムヒースー・キムジェボクvs.中堀・小林][キムヒースー・キムジェボクvs.緒方・田中][中堀・高川vs.菊谷・中橋][中堀・高川vs.石川・中本]
[杉本・森原vs.~田・大庭][上原・平田vs.澤辺・刀祢][玉泉・上嶋vs.上原・濱中]



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
 
 
[更新情報(ブログ)][Site MAP][掲示板] [ゲストブック] [リンク] [メール]  ソフトテニスビギナーズガイド --->[これだけは知っておきたい基本用語] --[超初心者のためのゲームの進め方]
 
Soft Tennis WEBSITE